ようこそ! 「指のしびれや手足のしびれの原因」へ

脊椎の重要な役割をする椎間板

スポンサードリンク

脊椎の重要な役割をする椎間板
椎間板という言葉を聞いたことがありますか?
私は自分ではその病気ではありませんが、友人が椎間板ヘルニアとなったことで、その名前を知りました。
椎間板は、板状の軟骨組織で、脊椎である頚椎、胸椎、腰椎の骨である椎骨の間にあるものです。
大変弾力性があることからクッションの役割をもち、衝撃や圧力の調整、軽減を行う働きがあります。
椎間板の構造として、上下には蓋となる軟骨板があり、その周りには線維輪が覆っており、中身はほとんどが水分でできている髄核が入っています。

サクロライト・EX(Lサイズ)
この椎間板の水分は成人することから減り始めます。
さらに30歳を過ぎる頃になると、椎間板の周囲にある線維輪の水分も減ってきてしまいます。
このことにより中身の髄核の弾力性が失われてしまいます。

年をとると身長が縮んでしまったということを聞いたことがありませんか?
これは椎間板の水分が加齢と共に減ってくることから椎間板の厚みがなくなってくることが原因とされています。

この椎間板は衝撃や圧力の調整や軽減を行っているわけですが、実際にはどのように行っているのでしょうか。

例えば腰の周辺にある椎間板の場合で説明しましょう。
腰を前に曲げると、椎間板の中の髄核は後ろに移動します。
逆に腰を後ろに反らすと髄核は前に移動します。
このように、力が加わった方と逆の方に椎間板内の髄核が移動して圧力を調整・軽減してくれるのです。

後方にある椎間板の髄核を覆っている線維輪や脊椎の周りの靭帯は、比較的弱い組織となっているので、日常生活での腰への負担や運動などによる腰への負担、加齢に伴う変化等によって、線維輪が膨張、断裂することにより腰痛の引き金となるのです。
更には腰部椎間板ヘルニアを引き起こすこともあるのです。

スポンサードリンク