ようこそ! 「指のしびれや手足のしびれの原因」へ

脊椎の中にある脊髄

スポンサードリンク

脊椎の中にある脊髄
脊椎は頭蓋骨の下の頚椎から始まり尾骨まで続いています。
その脊椎の中には脊髄が通っています。
脊髄は、脊椎の真ん中にある脊柱管の中を通っている脳から続いている中枢神経のことです。
神経は、脳と脊髄にある中枢神経と末梢神経から成っており、人間の行動を制御する大切なものとなっています。

サクロデラックス(Lサイズ)
この神経も上から、頚神経、胸神経、腰神経、仙骨神経、尾骨神経と呼ばれています。
これらは左右に1対ずつ脊椎から出ており、末梢神経として体全体に張り巡らされているわけです。

これらの神経が何らかの要因によって障害を受けると指・手足のしびれといった症状が出ることがあるのです。
よくあるケースとしては、運動をすることや高齢になったことによって脊椎が変形してしまう、脊柱管が狭くなってしまうことによって神経が圧迫されたりすると、下肢がしびれたり、麻痺することがあります。
さらに腰痛へと発展することも少なくありません。

指・手足のしびれや痛みといったものは、脊椎のどの部分の神経が要因しているのかを知ることは難しいとされています。
その理由は、神経系は大変複雑なものといるからです。

例えば腰痛を引き起こす可能性のある神経としては、坐骨神経と大腿神経があります。
大腿神経には、陰部大腿神経の大腿枝、外側大腿皮神経、陰部大腿神経の陰部枝、大腿神経前皮枝、後大腿皮神経が考えられています。
さらに、浅腓骨神経、深腓骨神経、脛骨神経などもあります。
また、馬尾・神経根への圧迫、後縦靭帯や線維輪の表面の知覚神経への障害、椎間関節の知覚神経への障害等も要因の一つと考えられます。

スポンサードリンク