ようこそ! 「指のしびれや手足のしびれの原因」へ

脊椎を理解しよう

スポンサードリンク

脊椎を理解しよう
指・手足のしびれの原因の一つである脊椎に関連する病気には、数多くの病気があります。
脊椎には、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨に分けられ、各部分において神経障害の病気があります。
指・手足のしびれの問題を解消するには、病院にて診察・検査・治療等を行う必要がありますが、まずは患者自身が指・手足のしびれの原因である脊椎の病気について理解することが重要と考えます。
そして脊椎の病気を理解するには、脊椎について理解する必要があります。

アクテージSN錠 42錠[第3類]
まずは人間の体の仕組みとして、体の中の後ろ側には背骨が通っています。
背骨は脊椎とも言います。
脊椎の上の部分に頭蓋骨があり、下の部分には骨盤につながり、胸椎には肋骨が付いています。

脊椎は26個の骨がつながってできており、頚椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個、仙骨が1個、尾骨が1個となっています。
しかし尾骨に関しましては、人によって異なり3個から5個ある場合もあります。

この脊椎は人間の真ん中を通っており、正面若しくは後ろから見るとまっすぐに見えます。
しかし横から見るとまっすぐではありません。

小学校や中学校の頃、理科室の骨格標本を見たことを思い出せますか?
脊椎を横から見るとS字にカーブしています。

これは頚椎部分が前に引っ張られ、胸椎部分は後ろに、そして腰椎部分が前に引っ張られています。
これで脊椎がS字カーブになっており正常な状態です。
このS字カーブによって、柔軟性があり、衝撃の軽減、バランスを保つことができるようになっているのです。

スポンサードリンク