ようこそ! 「指のしびれや手足のしびれの原因」へ

脊椎の構造を理解しよう

スポンサードリンク

脊椎の構造を理解しよう
ここでは脊椎の構造について理解しましょう。
脊椎は26個の骨がつながっていることは説明しました。
26個の骨は、上から7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、1個の仙骨、1個の尾骨に分けられますが、頚椎から腰椎までの骨は椎骨と呼ばれます。

サクロライト・DX(Mサイズ)
頚椎から腰椎は24個の椎骨でできているのです。
そして、椎骨と椎骨の間には椎間板があります。
脊椎は、椎骨、椎間板、椎骨の順番で重なり合ってできているものなのです。

骨格標本でも分かるように、背骨つまり脊椎は骨と骨が重なり合って柱状になっています。
その骨の間に椎間板がありますが、椎間板はほとんどが水分でできていますので、やわらかいものとなっています。

このように柱状である脊椎だけでは不安定となってしまいますが、脊椎は体の中にあるものなので、周りには様々なものがあり支えられています。

まずは脊椎の周りには靭帯が取り巻いています。
靭帯とは、強靭な繊維の束で、弾性繊維とコラーゲンからできています。
靭帯は、関節の周囲や骨と骨の間にあり、関節を強化することと安定させる働きがあります。
脊椎の靭帯には、後縦靭帯、黄色靭帯、前縦靭帯などがあります。
これらの靭帯が骨化してしまう病気として、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、前縦靭帯骨化症という病気があります。
これらは後程紹介していきます。

さらに脊椎の周りには筋肉があります。
背筋や腹筋といった各種筋肉が脊椎の周りにあり、脊椎を靭帯と共に支えているのです。

このように脊椎だけでは不安定なものですが、その周りに靭帯や筋肉といった組織があることから、脊椎がスムースに動き、体全体もスムースに動くようになるのです。

スポンサードリンク