ようこそ! 「指のしびれや手足のしびれの原因」へ

手術に際して医師からの説明

スポンサードリンク

手術に際して医師からの説明
手術を受けるにあたって、医師から説明がありました。
この説明は入院した日に病室にて外来の担当医師によって、「頚髄症に対する手術の説明」というタイトルの説明書を基にして行われました。
その内容は以下のとおりです。

頚髄症に対する手術の説明

現在の症状(四肢の痺れ、運動障害、歩行障害、排尿障害など)は頚椎内部の神経(脊髄)が脊柱管の内部で変形した骨や軟骨また肥厚した靭帯により圧迫を受けて生じています。
症状は徐々に進行しており、また保存的治療(手術以外の治療)にても効果が認められず、このまま放置すると麻痺は進行し、四肢が動かなくなり寝たきりの状態になる可能性があります。
この状態に対する治療方法としては手術療法があります。

頚髄症に対する手術は、脊髄が圧迫されている部分の骨をずらし(脊柱管を拡大し)、脊髄の圧迫を取り除くものです。(脊柱管拡大術、椎弓形成術)
実際の方法は全身麻酔を行って、頚の後ろから展開します(図1)。
圧迫を生じている椎弓という骨を一部削って、後方に持ち上げます(図2)。
これにより脊髄への圧迫が解除されます。
この後、持ち上げた椎弓が元に戻らないように、この手術のために作成した人工骨(ハイドロキシアパタイト)をはめ込みます(図3)。
第2頚椎と第7頚椎は筋肉が付着する棘突起を温存するため、椎弓の一部を削る方法を行います。
また手術中の状態によっては椎弓を切除する場合もあります(特に第3頚椎)。

手術後の療法
手術直後からベッド上で体位い変換などは可能です。
寝返りを我慢する必要はありません。
初めの間は看護婦が横向きになるのを補助しますので、希望されるときに呼び出しベルを押してください。
手術直後からなるべく手や足を動かすようにしてください。
首を動かしてもかまいません。
翌日より少しずつ起き上がり、2~3日で歩く練習を始めます。
しばらくの間(1~2週間)は頚椎カラーを装着する場合もあります。
麻痺の程度によりリハビリが必要ですが、手術の創が直り、自宅で生活できるようになれば退院可能です。
退院後の生活については退院時および外来受診時に相談します。

手術を受けるかどうか決めるにあたって
手術療法の限界と危険性についても知っておいて、手術を受けるかどうか決定してください。

・手術療法の限界
この手術は脊柱管を拡大し、脊髄神経の圧迫を取り除くものです。
神経への圧迫を取り除いても、長期間の圧迫を受け神経が痛んでいる場合は、麻痺症状は術後も残ります。
手術の効果は神経の状態などにより不確実です。
つまり、手指のしびれ・痛み・歩行障害などが残存する場合があります。
症状がひどいほど、術後の神経の回復が悪いことになります

・手術の危険性
どのような手術であれ、手術には合併症が生じる可能性があります。
現在では脊柱管拡大手術は比較的安全に行えるようになりましたが、やはり様々な合併症を生じるリスクがあります。
まず圧迫を解除された跡に脊髄が腫れて、術後に麻痺が悪化する場合があります(約1%程度)。
特に肩が上がりにくくなる場合があります。
これは通常は一時的なものが多いですが、残存する場合もあります。
手術部位に感染が生じる場合(約1%程度:MRSA感染など)があります。
感染が生じた場合は再手術と長期間の入院が必要となります。
このほか出血が多くなった場合は輸血が必要となる場合もあります。
その他の合併症としては術後血腫、髄液漏出、血栓塞栓症(肺・脳・心臓など)が稀に生じる可能性があります。
合併症の程度により再手術が必要になる場合もありますし、血栓塞栓症が生じた場合などは死に至る可能性もあります。
その他予測できない合併症を生じる場合もあります。
本症は高齢者の方に多く、いろいろな疾患を有しておられる場合があります。
手術前には麻酔や手術が可能かどうか、全身をチェックしていきますが、術中や術後に合併症により状態が悪化する可能性もあります。

手術の限界や危険性に納得し、その上で手術を承諾する場合は下記に署名をお願いします。

頚髄症に対する手術の説明

以上が手術に際しての医師からの説明であり、本人および家族が説明を充分に受けて署名しました。

スポンサードリンク