ようこそ! 「おでこのしわとり~しわの予防と対策」へ

紫外線としわ

スポンサードリンク

紫外線としわ
紫外線はとても肌に悪いものなのです。
日に焼きすぎるとシミになるという話はよく聞きますが、もちろんしわの原因にもなります。
紫外線を浴びるとメラニン色素が出てきます。
そのために肌が黒くなり、日焼けをしたということになります。
おでこしわ
このメラニンの生成が、肌に悪い紫外線に対する肌の防御作用なのです。
そんなふうに肌が一所懸命メラニン色素を生成して肌を守ろうとしているのに、これでもかと紫外線を浴び続けていては、メラニン色素本来の防御作用が働かなくなってしまいます。

紫外線を浴び続けた肌は、メラニン色素をどんどんと作り出して皮膚に沈着していきます。
表皮だけでなく真皮の細胞まで影響が及び、しわやシミになります。

1年中紫外線には注意したいものですが、最も注意しなければならないのは4、5、7、8月です。
7、8月は暑いのでいうまでもありませんが、4月でも紫外線量は8月と同じくらいあるのです。

家の中にいるからといって安心は出来ません。
窓の近くは外と同じように紫外線が入ってきているからです。
日傘を差しているから大丈夫だと思ってはいないでしょうか。
UVカット率が低いものでは、日傘を差していても効果はあまりありません。
また、UVカット率が高いものでも、地面が白っぽいところの上に立つと紫外線が地面に跳ね返ってきます。

外出の時には必ず日焼け止めとファンデーションを塗ることが肝心といえます。

スポンサードリンク