ようこそ! 「おでこのしわとり~しわの予防と対策」へ

しわを作らない努力

スポンサードリンク

しわを作らない努力
しわを作りたくないというのは、若い頃はあまり思わないものです。
自分の顔におでこにしわが出来たのを見て、はじめてしわが憎く思います。
しわは、出来てしまっても早めに対処すれば消すことが出来るのです。
おでこにしわを作らない努力をしましょう。
おでこしわ
紫外線がしわの原因になるということをお話しましたが、突然紫外線がしわを作るわけではありません。
子供の頃、太陽の光を浴びないと骨が丈夫にならないという話を聞きませんでしたか?
若い頃は、色白の肌だとひ弱に見えてしまうので、無理して肌を焼きませんでしたか?
それが年齢を重ねると、積もり積もってきた紫外線の悪影響がしわとなってでてしまうのです。
できれば、子供の頃から外で遊ぶときには日焼け止めを塗って、帽子をかぶる。
これだけでも影響はかなり違います。

しわが気になる年齢になったら、注意しなければならないのは保湿です。
冬は空気が乾燥します。
腕や足、もちろん顔も乾燥します。
しかし、そんな冬よりも夏にこそ保湿が必要です。
なぜなら、気温が高くなる夏、もちろん体温も上がります。
体温が上がれば、身体は体温を下げようとして肌の水分を蒸発させるし、汗もたくさんかきます。
湿度が高くて汗でベトベトするから保湿なんて必要ないと思うでしょうが、実は乾燥しているのです。
夏はしっかり保湿してしわを作らないようにしましょう。

スポンサードリンク