ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

夜間せん妄・異食・性的行動

スポンサードリンク

夜間せん妄・異食・性的行動
・夜間せん妄
夜中寝ていると当然起き出してウロウロと歩くことや、幻覚を本当のことのように感じて怯えることや、興奮して錯乱状態となるといった夜間せん妄といったことが認知症の方に起きることがあります。
認知症夜間せん妄・異食・性的行動
もしもこのような状態になった場合には、通常数時間経過すれば落ち着くといわれていますので、無理やり静かにさせようせず、しばらく様子を見ましょう。
少し落ち着いてきたら、気がまぎれるように他の部屋へ行くよう誘ってみたり、お茶を飲むようにしてみます。

このような症状は、体調不良のときや水分摂取が少ない場合にも起きることがありますので、普段からチェックしておくことをオススメします。

・異食
認知症の方は生ごみや輪ゴムなど食べ物でないものを食べようとする異食をすることがあります。
異食の対応策としては、食べられないものを目の届かないところ、手の届かないところにしまうようにしましょう。
その後、食べ物を探すような行動を始めた場合には、お菓子やくだものを食べてもらい気をそらせるようにします。

・性的行動
男性の認知症の方が介護をする女性にさわったり、抱きつこうとする性的行動を起こすことがあります。
このような場合には、厳しく叱責や激しく拒絶すると気が高ぶってしまうことがありますので、手を握って納得してもらう、大きなぬいぐるみを二人で一緒に持って気をそらすといったことが効果的です。

スポンサードリンク