ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知症高齢者の気持ちを理解する

スポンサードリンク

認知症高齢者の気持ちを理解する
認知症高齢者の気持ちとして、自分が認知症患者であるという自覚はありません。
自ら「最近ぼけてきた!」と言っていても、自分が認知症であることを理解しているわけではなく、謙遜している場合や周囲からいつも言われていることを口癖のように言っている場合がほとんどで、自分の行動にプライドを持っていることが多くあります。
認知症高齢者の気持ち
したがって、生活において失敗したことを見せないするために“問題行動”を起こしてしまうことがあるのです。
また、自分の衰えに対する不安などで心理的に不安定な状態でもあります。
自分が失敗したことを隠したり、感情をコントロールする機能が低下したために、ちょっとしたことで怒ったり泣いたりすることがあるのです。

他にも、周囲との意思疎通が出来ないことをもどかしく思っていることから、感情の面では研ぎ澄まされていて、相手の好悪の情に敏感に反応することが多くあります。
そして相手が自分のことを良く思っていないことを嫌うので、相手が興奮しているということに対して興奮してしまいます。
さらに興奮している自分に更に興奮してしまうのです。

認知症の方は機嫌がいいときは落ち着いていますが、落ち着かない時や問題行動を起こす要因のひとつとして、介護を行っている家族等の不安や動揺、嫌悪を感じ取っていることがあるとされています。
このように認知症の方の心の中には、周囲の方が十分理解や共感できる部分は残されているのです。

スポンサードリンク