ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知症の診断 早期発見

スポンサードリンク

認知症の診断 早期発見
認知症の診断にあたっては、認知症の特徴として本人は認知症であることの意識がないことから、周りの人間、特に同居する家族が本人の症状から認知症の疑いを持つことが重要とされています。
さらに、そのことに早く気付いて医師の診断を受けさせることも重要とされています。
病気なので早期発見、早期治療が重要であることはなんとなくイメージできるでしょうが、具体的には以下の理由で早期発見が重要となります。
認知症の診断 早期発見
・認知症であることの認識
認知症は脳の病気です。
そのことを本人はもちろんのこと、家族や周囲の人間もその認識を持つことが重要となります。
”認知症ではなく年のせいで物忘れが激しい”といった勝手な思い込みにより、認知症と診断されることなく適切な対応がされないことになっては困ります。

・適切な投薬治療
認知症全般ではありませんが、その原因がアルツハイマー病の場合には投薬治療を行うことにより一定の効果があるとされています。
よって早期発見により適切な投薬治療がされれば、認知機能の低下の速度を遅らせることができる可能性があります。

・介護保険制度の利用
認知症と診断されると、介護保険制度を利用するために必要である介護認定がされることになります。
これが年齢に伴う物忘れであれば、介護認定を受けることは難しいでしょう。
介護保険制度を利用すれば、適切な介護サービスを受けることができるようになりますので、本人だけでなく介護を行う家族にとっても負担は軽減されることになるでしょう。

・認知症の原因
認知症と診断されることにより、何が認知症の原因となっているかを知ることができます。
それが治療可能な病気である場合などは、その原因となる病気に対して治療を行うことにより認知機能の低下の速度を遅らせることが可能となります。

スポンサードリンク