ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知症の診断 CTやMRI

スポンサードリンク

認知症の診断 CTやMRI
認知症の診断において、重要なことは患者本人の問診と家族からの聞き取り調査であります。
しかし、この他にも脳の画像検査としてCTやMRI、SPECT、PETなどがあり、脳の形や脳の働きを検査することとなります。
CTやMRIでは脳の形を検査することになります。
CTはCTスキャン、コンピューター断層撮影法の略で、MRIは磁気共鳴画像の略となっています。
認知症の診断 CTやMRI
CTやMRIの検査を行う目的としては、頭蓋骨の中に病気があるか確認するためです。
認知症の原因となる病気が発見できる場合があるのです。
例えば脳梗塞や脳出血などは認知症を引き起こす原因とされています。

また、認知症のような症状であるが、実際には認知症とは異なる病気のケースがあります。
例えば、脳腫瘍や慢性硬膜下血腫といったものは、認知症と似たような症状を発することがありますが、違う病気でありますので治療方法は異なります。
これらを認知症と診断してしまうと誤診であり、適切な治療を行えば治すことができる可能性もありますので、大きな問題であります。

SPECTは脳の働きを検査することになります。
この検査によって、脳血流の状態を画像化することができます。

アルツハイマー病の特徴として、脳血流の異常があります。
SPECT検査によって、認知症がアルツハイマー病であることを特定できるのです。
また、アルツハイマー病に限らず認知症の原因とされている他の病気も発見することができます。

注意が必要なこととして、問診や家族からの聞き取り調査をさほど重視しないで、CTやMRIの結果を重視して認知症であるか、そうではないかの診断をすることです。
脳の萎縮の程度によって、認知症であるか年齢による物忘れかを判断するような医師には注意が必要でしょう。

スポンサードリンク