ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知証に気付く-その他

スポンサードリンク

認知証に気付く-その他
・趣味のための活動に参加しなくなる
今までは趣味のための活動に参加していたのが、参加しても分からなくなってしまったことがあることから、参加しないようになります。

・テレビを観なくなる
テレビや新聞といったものを観ないようになったら注意しましょう。
認知症の症状として、社会的関心や興味が薄れてしまうことがあるからです。
認知証に気付く-その他
特によくテレビを観ていた人が、急に観ないようになった場合には注意が必要です。
また、同じようにテレビを観ていても、チャンネルを換えようとしないでただ画面を眺めている場合も注意が必要です。

・体調不良を訴えるようになる
実際には、どこも体調不良ではないのですが体調不良を訴えることがあります。
体調不良の症状は人によって異なり、ひどい場合には自ら救急車を呼んでしまうこともあるようです。

これは心気症と呼ばれるものですが、経過とともに認知証に移行することもあるようです。
家族の方は大変でしょうが、心気症と決め付けないで、認知症である可能性も疑いましょう。

・物を盗まれたと言うようになる
物忘れによって、大事な物を置き忘れたり、しまった場所を忘れてしまいます。
しかし、この原因は自分であることを理解しないことから、他人が盗んだと言うようになります。

大事な物をしまっては、すぐに忘れてしまうので見つかりません。
このようなことを繰り返しているうちに、誰かが持っていってしまったに違いにないという猜疑心が生まれるようになります。

スポンサードリンク