ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知症とは

認知症は、以前「痴呆症」や「ボケ」という言葉で表現されていましたが、「認知症」という言葉で統一されました。
この認知症に対して、間違った考え方を持っている方がいます。
それは、年齢を重ねていくことによって認知症になってしまい、仕方のないことと考えている方がいます。
しかし、これは間違いであり、認知症は病気であり高齢となったことで起きる”物忘れ”とは全く違います。
認知症とはどのような病気であるかしっかりと確認しておくことが必要と考えます。

スポンサードリンク

認知症とはどのような病気?

認知症とはどのような病気? 近年、認知症という言葉が浸透してきたように感じます。 以前では、”ぼけ”という言葉を使用していたようですが、認知症とぼけの言葉の定義は少し異なります。 ある程度の年齢になると誰もが”物忘れ”を経験するでしょう。 例えば、近所で挨拶されても誰であるかわからない、物をしまった場所が思い出せないなどが考えられます。 はたしてこの物忘れは認知症なのでしょうか? 高齢に...

認知症と判断するには

認知症と判断するには 認知症の症状として代表的なものは物忘れですが、それが日常生活や社会生活に支障をきたす状態なのかを判断することは非常に難しいとされています。 また、年齢に伴う物忘れなのか、認知症による物忘れなのかも判断が難しいところです。 物忘れが日常生活や社会生活に支障をきたす状態なのかということですが、一般的には物忘れがひどい場合には認知症のシグナルかも知れないとされています。 ...

認知証に気付く-物忘れ

認知証に気付く-物忘れ ・何度も同じことを尋ねる 少し前のことも忘れてしまうので、何度も同じことを尋ねることがあります。 少し前とは、数日前から数分前の範囲で考えましょう。 ・約束した場所に来ない 待ち合わせなどで、時間と場所を約束したにも関わらず、その場所に来ないということがあります。 約束した際には、いつも通り問題ないのですが、後から本人に確認すると約束した件はすっかり記憶から抜け落ちてしま...

認知証に気付く-不潔・お金・家電

認知証に気付く-不潔・お金・家電 【不潔になることについて】 ・お風呂を嫌う お風呂を勧める都度、何らかの理由を言ってはお風呂に入らないということがあります。 またお風呂に入ったとしても、髪を洗わない、体を洗わない、湯船に浸かってすぐに出てきてしまう場合には注意しましょう。 ・同じ服を繰り返し着る いつも同じ服を繰り返し着て、着替えるということをしないようになります。 【お金の管理につ...

認知証に気付く-その他

認知証に気付く-その他 ・趣味のための活動に参加しなくなる 今までは趣味のための活動に参加していたのが、参加しても分からなくなってしまったことがあることから、参加しないようになります。 ・テレビを観なくなる テレビや新聞といったものを観ないようになったら注意しましょう。 認知症の症状として、社会的関心や興味が薄れてしまうことがあるからです。 特によくテレビを観ていた人が、急に観ないように...

認知症と間違えやすい物忘れ

認知症と間違えやすい物忘れ 認知症の症状の一つに物忘れがありますが、年齢を重ねたことによる物忘れと認知症による物忘れを混同してしまうことがあります。 これをしっかり理解していないと、認知症であるのに加齢に伴う物忘れと判断してしまい、早期発見・早期治療ができなくなってしまいます。 認知症による物忘れは病的なものでありますので、その症状が進行や悪化することがあります。 これに対して加齢に伴う物忘れは...

日常生活におけるシグナル

日常生活におけるシグナル 認知証に限りませんが、体調不良の場合には日常生活において何か変化があわられているものです。 特に高齢者の場合には、自分で変化に気付くことができない場合がありますので、一緒に生活をする家族が気付いてあげなければなりません。 一緒に生活をしていて家族がほんの少し気にかけるだけで、今まで見落としていた変化に気付くものです。 以下に日常生活におけるシグナルを紹介しますので参考に...