ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知症と診断されたら

スポンサードリンク

認知症と診断されたら
認知症と診断された場合には適切な介護を行うことが重要となりますが、具体的には以下のことを行いましょう。

1.信頼できる医師がいる病院を探すこと
認知症と診断したのが大学病院等の大きな病院である場合には、その後の治療に関しては住居に近い病院等を紹介されることがあります。
紹介された病院に信頼できる医師がいれば問題ありませんが、その判断は難しいところです。
認知症は
認知症患者に対する治療というものは現在では多くありません。
ということは適切な介護ができるようなアドバイスをしてくれる医師が、認知症患者及びその家族にとっては適しているでしょう。

2.薬の管理は家族が行うこと
認知症の治療として薬を投与することがありますが、この薬の管理は家族が行うことをお勧めします。
薬を飲む時間、薬の量、毎日継続すること等認知症の方が管理することが難しいからです。

3.介護保険の申請
介護保険制度は、介護が必要であることが認定されなければ利用することができない制度となっていますので、市区町村の役所に申請する必要があります。

4.ケアマネージャー(介護支援専門員)を探す
ケアマネージャーとは、介護保険制度の利用に当たって適切なアドバイスや介護サービスの利用の手配等を行ってくれる方です。
信頼できるケアマネージャーを探すことで、認知症患者の方及び介護を行う家族に適した介護サービスをアドバイスしてくれます。

信頼できる医師がいる病院やケアマネージャーのベストな探し方としては、信頼できる友人・知人等からの情報を得ることでしょう。
ビジネス感覚で病院経営や介護サービスの経営を行っている方も多いと聞きますので、実際に経験した方や信頼できる友人・知人等からの情報に基づいて探すことをお勧めします。

スポンサードリンク