ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

介護サービスの種類 その1

スポンサードリンク

介護サービスの種類 その1
介護保険制度を利用した介護サービスには様々なものがありますが、以下に多く利用されている介護サービスを大きく3つに分けて紹介しましょう。

1.居宅サービス

・訪問介護(ホームヘルプサービス):居宅において介護福祉士等によって行われる入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話
認知症は
・訪問入浴介護:居宅を訪問して浴槽を提供して行われる入浴の介護

・訪問看護:居宅において看護師、保健師、理学療法士、作業療法士等によって行われる療養上の世話または必要な診療の補助

・訪問リハビリテーション:居宅において、心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるために行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを行う

・居宅療養管理指導:病院等の医師、歯科医師、薬剤師等により行われる療養上の管理および指導

・通所介護(デイサービス):老人デイサービスセンター等に通わせ、その施設にて行われる入浴、食事等の介護その他日常生活上の世話並びに機能訓練を行う

・通所リハビリテーション(デイケア):介護老人保健施設等に通わせ、その施設にて心身の機能回復を図り、日常生活の自立を助けるために行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを行う

・短期入所介護(ショートステイ):老人短期入所施設等に入所させ、その施設にて入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話および機能訓練を行う

・痴呆対応型共同生活介護(グループホーム):痴呆の状態にある者について、その共同生活を営むべき住居において入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話および機能訓練を行う

・特定施設入所者生活介護:有料老人ホーム等に入所している者について行われる入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練および療養上の世話を行う

・福祉用具貸与:福祉用具を貸与すること

スポンサードリンク