ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

介護保険制度の利用

スポンサードリンク

介護保険制度の利用
介護保険制度の介護サービスを利用する場合には、介護サービスを利用する方が市町村より認定された者である必要があります。
介護認定の仕組みは以下のようなものです。
認知症は
介護認定は、要介護度に該当するかを判断するために行われます。
この要介護度の審査は、市区町村に属する調査員が行い、調査した結果とかかりつけの医師が作成する意見書を参考にして、介護認定審査会によって審査が行われる仕組みとなっています。

第1次判定は認定ソフトにより行い、その結果に基づいて2次判定を行い、「要支援1・2」及び「要介護1」~「要介護5」の7つの区分に分類されます。
介護を予防することを目的とした要支援1が一番軽度であり、介護を行う必要がある要介護5が一番重度となっています。

この認定結果に基づいて、どのような介護サービスが介護対象者に適しているのかなどの計画を立てるのがケアマネージャーの仕事です。
この計画を居宅サービス計画といい、ケアプランとも呼ばれています。

介護保険制度における介護サービスの最大の特徴としては、要介護者等の介護サービス利用者が希望するサービスを支給限度額の範囲内で自由に組み合わせて利用できる点です。
この介護保険制度の給付の仕組みは健康保険制度とは大きく異なる点となっています。

要介護認定を受けた者が介護サービスを介護サービス事業者から受けた場合は、その9割が保険給付として支給されます。
よって実費は1割負担相当額となります。

スポンサードリンク