ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知症の方は疲れやすい

スポンサードリンク

認知症の方は疲れやすい
認知症の方は、今まで簡単にできていたことができなくなるといった重大な生活の変化に対して不安を抱えています。
このような不安を抱えながら生活をしていると、当然のごとく疲れるのです。
周りから見ればた、たいした行為をやっているように見えないかもしれませんが、認知症の方にとっては今までは簡単にできていた行為が、今はじっくり考えて思い出してからでないとその行為ができないということがあるのです。
認知症とは
このことを周りの人間が理解しないで、「何をぐずぐずやっているの」「疲れた、疲れたといってだらだらしないで」「寝ていないで、しっかりと動いてよ」などという言葉を掛けてはいけません。

認知症によって、生活環境に合わせることが難しくなってしまうと、肉体的にも精神的にも疲れます。
よって、疲れないようにするために外出を控えるようになったり、今まで自分でできていたことをやらなくなったり、人から頼まれたことをやらないようになります。
また、自分がやると失敗してしまう考えもあるので、自ら何かをやろうという気が起きないのです。

このような状況を理解してあげないで、一方的にガミガミと言うことは大きな間違いです。

認知症の方からすると、今まで簡単にできていたことができない状況で、不安やイライラを抱えているのに、さらに家族等からあれこれ言われ、そのことをうまく伝えることができない状態なのですから、たまったものではありません。

周りの人間がキチンと理解してあげるところから、全てが始まるのです。

スポンサードリンク