ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知症は病気なのです

スポンサードリンク

認知症は病気なのです
認知症という病気に対しては、近年関心が高まってきており、認知症に対する知識が少しずつ広まっているように感じます。
しかし、まだまだ間違った認知も多いのが現実です。
認知症の方の症状として”物忘れ”がありますが、認知症の方の物忘れの原因は病気が原因なのです。
認知症とは
私の母が認知症と診断された時も思ったことですが、パートで接客業をしており、辞めた途端に家で一人でいるようになったから、つまり頭をあまり使わなくなったのが原因ではないかということでした。

しかし、これは大きな間違いでした。
認知症の原因はまだはっきりと究明されていませんが、決して頭を使わなくなったことが原因ではありません。

このような間違った認識を持っていると、「家族が認知症であることが恥ずかしい」などという間違った考え方を持つようになってしまいます。
認知症の方自身も、認知症と診断されることに恥ずかしさを覚えるようなことにもなりかねません。

何度もいいますが、認知症は病気が原因で起きるものです。
したがって、頭を使わなくなったから認知症になるわけではありません。

また、近年は若年性の認知症の例もあります。
高齢の方だけが認知症になるわけではありません。
認知症の原因となる病気にかかることによって、誰もが認知症の症状を引き起こす可能性があるのです。
けっして恥ずかしいと思うような病気ではありません。

スポンサードリンク