ようこそ! 「認知症とは~その介護と症状、予防やケア」へ

認知症の介護の前に

認知症という病気にかかってしまう可能性は誰にでもあります。
もしも家族が認知症と診断された場合には、適切な治療や看護・介護が必要となります。
この場合、まず家族が認知症のことをしっかりと理解する必要があります。
認知症とはどのような病気なのか?どのような症状が出るのか?どのように対処するべきなのか?をしっかりと理解しなければ、認知症の方だけでなく介護を行う家族の方もプラスにはなりません。
認知症という病気を理解して、適切な介護を行うことが重要となります。

スポンサードリンク

認知症に対する誤解

認知症に対する誤解 認知症は病気によって引き起こされています。 では、認知症にかかっている方自身はどのような状況なのでしょうか? 認知症の方は自分が認知症であるということを理解できない傾向にあるといわれています。 しかし、一般的に認知症の症状として”物忘れ”が知られていますが、認知症だからといって全てのことを忘れてしまっている訳ではありません。 例えば、他人に迷惑を掛けている認識さえない...

認知症の方は疲れやすい

認知症の方は疲れやすい 認知症の方は、今まで簡単にできていたことができなくなるといった重大な生活の変化に対して不安を抱えています。 このような不安を抱えながら生活をしていると、当然のごとく疲れるのです。 周りから見ればた、たいした行為をやっているように見えないかもしれませんが、認知症の方にとっては今までは簡単にできていた行為が、今はじっくり考えて思い出してからでないとその行為ができないということ...

認知症は病気なのです

認知症は病気なのです 認知症という病気に対しては、近年関心が高まってきており、認知症に対する知識が少しずつ広まっているように感じます。 しかし、まだまだ間違った認知も多いのが現実です。 認知症の方の症状として”物忘れ”がありますが、認知症の方の物忘れの原因は病気が原因なのです。 私の母が認知症と診断された時も思ったことですが、パートで接客業をしており、辞めた途端に家で一人でいるようになっ...

認知症介護の第1ステップ その1

認知症介護の第1ステップ その1 認知症の方の症状として多いものは”物忘れ”や”勘違い”でしょう。 物忘れや勘違いによって生活していくことに不自由が発生していることがありますので、この不自由を回避できるように生活環境を整えることから始めてみましょう。 認知症の方は、物を失くしてしまう、どこかに置き忘れてしまうことは当たり前のように起きます。 一般的に、よく失くす物は毎日使用する物が多いよ...

認知症介護の第1ステップ その2

認知症介護の第1ステップ その2 認知症の方の症状として多いものは”物忘れ”や”勘違い”でしょう。 物忘れや勘違いによって生活していくことに不自由が発生していることがありますので、この不自由を回避できるように生活環境を整えることから始めてみましょう。 物忘れや勘違いの症状においては、日付や時間の物忘れや勘違いというものがあります。 これを回避するための生活環境の整備としては、カレンダーと...

認知症介護の第1ステップ その3

認知症介護の第1ステップ その3 認知症の方の症状として多いものは”物忘れ”や”勘違い”でしょう。 物忘れや勘違いによって生活していくことに不自由が発生していることがありますので、この不自由を回避できるように生活環境を整えることから始めてみましょう。 物忘れや勘違いとは直接には関係ないかもしれませんが、認知症の方との会話に注意が必要な場合があります。 これは認知症の方に限ることではありま...