ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術の対象とならない人とは

スポンサードリンク

レーシック手術の対象とならない人とは
レーシック治療は、近視や乱視によって不事由を感じる方やメガネやコンタクトレンズがわずらわしい方、視力の低下に悩む方にとっては願ってもない視力回復方法でしょう。
しかし残念ながらレーシック手術は誰でも受けることができるものではありません。
レーシック手術
【レーシック手術を受けることができない人】

・近視・乱視度数が強い人
極端に近視・乱視の度数が強い人は、角膜を削る方法では安全に治すことができないとされています。

・角膜が薄い人
角膜には厚さがあり、その厚みには個人差があります。
もともと角膜が薄い人は対象とならないことがあります。

・目の病気がある人
白内障や緑内障、網膜硝子体疾患、炎症性疾患などの病気がある人は対象となりません。

・目以外の病気のある人
膠原病や自己免疫疾患のある人は対象とならないことがあります。
手術後の傷の治療が困難となることや、ドライアイの後遺症が出る可能性があります。
また、糖尿病やケロイド体質の人、ステロイド剤を使用している人も手術後の傷が治りにくくなることが考えられますので対象とならないことがあります。

・妊娠中や出産直後の人
ホルモンバランスが崩れることがあること、薬剤投与ができないこと、角膜の屈折が不安定となることなどから対象となりません。

・18歳未満の人
成長過程にあり、視力度数に変化があることから対象となりません。

これらは事前の問診によって申告する、若しくは検査の結果によって判断されることになります。

スポンサードリンク