ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術を理解する

スポンサードリンク

レーシック手術を理解する
レーシックとは、近視や乱視といった角膜の屈折異常をレーザー手術によって矯正する治療法です。
レーシック手術が成功したことによって、それまでのメガネやコンタクトレンズの生活から開放されるという視力が悪い人にとっては大変魅力ある治療法となっています。
レーシック手術
レーシック手術は、精密な器具を使用して角膜を開き、角膜の内部にレーザーを照射してその形状を調整した後に角膜を元に戻す方法で行われます。
日本では2000年に厚生労働省により認可されたことから、アメリカと比較すると症例数は少ないものとなっていますが、近年注目度が上がっていることから今後レーシック手術を受ける人が増加するでしょう。

しかし、レーシック手術は万能ではありません。
実際にレーシック手術を受けたことによって視力が回復した人はたくさんいますが、レーシック手術の施術は眼球の組織構造自体を変えるものではないので、根本的な視力回復方法ではないということを確認する必要があります。

よって、手術後に再び視力が低下してしまうことや合併症にかかる可能性もあります。
これによって再手術を受けることも実際にあります。

また、再手術も角膜の状態によっては受けることができない場合もあります。
レーシック手術で角膜を削ったことにより、これ以上角膜を削ることができない状態と診断された場合には、視力が低下してしまっていても再手術は受けられません。

さらにレーシック手術は角膜の病気がある人、緑内障など眼の病気がある人などは受けることができません。
このように、レーシック手術は誰でも受けることができるものではない、必ず視力が回復するものではない、合併症を引き起こす可能性があるなど充分に理解した上で、レーシック治療を受ける必要があるでしょう。

スポンサードリンク