ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術のプロセス

スポンサードリンク

レーシック手術のプロセス
レーシック手術・治療を受けようとする方にとって、やはり目の手術をするということに対しては多少の抵抗はあることでしょう。
角膜を削る、レーザーを当てるということを聞いてしまうと腰が引けてしまうことでしょう。
しかし、レーシック手術は入院が伴う外科手術とは異なり一般的にはその日に帰ることができます。
そこでレーシック手術を受ける前に、一般的なレーシック手術のプロセスを紹介しましょう。
レーシック手術
【一般的なレーシック手術のプロセス】

1.麻酔
最初に目薬による麻酔を行います。

2.消毒
まぶたから額や頬の周辺の皮膚の消毒を行います。

3.手術用シート
手術のため目の周りが開いているシートを顔に被せます。

4.まつげの固定
手術の際にまつげが邪魔となるので、テープでまぶたに固定します。

5.まぶたの固定
手術の際にまぶたを閉じることができないように、器具をはめて固定します。

6.手術の開始
・角膜を切りめくる
・開いた角膜の部分にレーザー光線を照射して角膜を削る
・開いた角膜を元に戻す

※一般的に手術時間は両眼で15分から30分程度といわれています。

7.術後の休憩
手術終了後20分から30分程度休憩して体調を確認します。

8.帰宅
休憩後、何も問題なければ保護用のサングラスを掛けて帰宅することになります。

痛みに関しましては、麻酔をしていますのでありません。
ただし、レーシック手術に伴う固定作業等によって目の周りに違和感を感じることはあります。
また、レーシック手術中及び手術後に、目薬を多数回点眼することになります。

スポンサードリンク