ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術に伴う合併症を理解する

スポンサードリンク

レーシック手術に伴う合併症を理解する
レーシック手術を受けることによって視力が回復することになりますが、100%安全であるとはいえません。
これはレーシック手術に限ったことではありませんが、手術に100%はないのは当たり前のことで合併症の可能性は否定することはできません。
レーシック手術においては、以下のような合併症が発生する可能性が指摘されています。
レーシック手術
1.ぼやけ
レーシック手術の直後においては、視界が全体的にぼやけることがあります。
これは、視力が不安定となっていることが考えられますが、通常は時間と共に改善されます。
しかし、近視等の度数が強い方、高齢な方等はまれに、改善まで1ヶ月以上かかることがあります。

2.視界の質の低下
視界の質とは、光がにじむ、まぶしすぎる、夜間や暗い場所で視力の低下を感じるなどです。
一般的には、レーシック手術後6ヶ月経過すれば、ほとんどの方が改善または症状が消失するといわれています。
しかし6ヶ月経過しても継続する場合もあります。

3.目の乾き
レーシック手術後は目が乾きやすい状態となります。
これは手術によって、一部の神経を切断したために発生することから、その神経の治癒と共に改善されます。
一般的には3ヶ月程度で治るといわれています。

4.極端な遠視化、近視化
レーシック手術によって、近視の手術をした場合には遠視化、遠視の手術をした場合には近視化することがあります。
この症状は経過と共に改善されていきます。

5.屈折の変化
レーシック手術により矯正しても、時間の経過と共に屈折が変化してしまい、近視や遠視等の状態に戻ってしまうことがあります。
この戻りが強い場合には再手術ということもあり得ます。

スポンサードリンク