ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術後の注意点

スポンサードリンク

レーシック手術後の注意点
レーシック手術を受けたことにより無事視力が回復して、全てが終了となるわけではありません。
当然のことですが、レーシック手術を受けてせっかく視力が回復したにもかかわらず、視力が低下する行為や目のケアを怠る、レーシック手術後の検診を行わない等をしてしまうと、せっかく回復した視力を維持することができません。
そこで、レーシック手術後の一般的なケアについて紹介しましょう。
レーシック手術
1.定期検診
入院を伴わないレーシック手術とはいえ手術を行ったわけですから、手術後の定期的な検診は必ず行うようにしましょう。
定期健診は一般的に、手術の翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、1年後、3年後、5年後という期間で行うところが多いようです。
失敗することが少ないレーシック手術ですが、100%安心というわけではありませんので、手術後の検診は重要となります。

2.目の疲れに注意
パソコンの画面を見るなど目をよく使う仕事や暗い場所での仕事、趣味が読書の方など、目が疲れるような行為を繰り返す方は充分に注意が必要です。
このような方たちは、長時間にわたって画面等を見続けない、部屋を明るくする等の対策が必要です。
また、1時間に1回は目を休憩させるようにしましょう。

3.ドライアイ
ドライアイとは、涙の量が少なくなる、涙の性質のバランスが崩れることによって目の表面に傷ができてしまう病気です。
レーシック手術を行った後は、ドライアイを起こしやすいといわれていますので、ケアを充分に行いましょう。

方法としては、エアコンの風を目に直接当てないようにする、目の疲れを感じたらおしぼり等で暖めるまたは冷やして目を休める、意識的に瞬きの回数を増やす、眼球を動かす、近くを見る、遠くを見ることを繰り返すなど目の運動をするなどがあります。

スポンサードリンク