ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術による失明の危険性は?

スポンサードリンク

レーシック手術による失明の危険性は?
レーシック手術による視力の矯正方法は、視力低下に悩む方にとっては画期的な方法として認知され始めています。
アメリカでは、一般的な視力回復の方法として取り入れられていますが、日本では海外と比較するとその症例数はまだまだ少ないのが現状のようです。
レーシック手術
レーシック手術は角膜を削りレーザー照射するということから、失敗によって失明してしまうのではないかという心配があることでしょう。
しかし、一般的にはレーシック手術によって失明してしまうことはあり得ないとされています。

まずレーシック手術は、視力矯正方法として認められているものであり、失明という重大な危険性がある手術であれば認められることはないでしょう。
とはいえ、医師にも様々な者がいることから、いい加減な手術を行われてしまう可能性はゼロとは言えないのが現実です。
眼科の学会が専門医と認めている眼科医がレーシック手術を行えば、失明することはないとされています。

失明することはないとされていますが、レーシック手術による後遺症は実際に起きています。
その中に、「ハロー現象」や「グレア現象」というものがあります。

この後遺症はレーシック手術を受けた後、数ヶ月間にわたり光の明るさが、通常の明るさよりも明るく感じられるようになる後遺症です。
この後遺症のほとんどは、一定期間経過後には通常の状態に戻るとされていますが、稀に後遺症として残ってしまう事例があります。

スポンサードリンク