ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術と老眼の関係

スポンサードリンク

レーシック手術と老眼の関係
レーシック手術は、視力の低下に悩む方、近視や遠視、乱視によって不自由をしてきた方たちにとって願ってもいない矯正方法と感じることでしょう。
実際にレーシック手術によって、多くの方が視力を取り戻しており、その中には有名人や有名スポーツ選手もいます。
レーシック手術
このように大変評価されているレーシック手術ですが、手術を行うことによって早く老眼になるという認識を持っている方がいます。
老眼とは、自然な加齢現象であることからレーシック手術を行っても、メガネやコンタクトレンズを使用していても関係なく老眼となってしまうものです。
よって、レーシック手術によって早く老眼になることはありません。
一般的に、個人差はあるものの一定年齢に達すると老眼の症状は出てくるものなのです。

また、老眼になってしまった場合、レーシック手術によって治すことができるのでしょうか。
残念ながら、レーシック手術によって老眼を治すことはできません。

レーシック手術、メガネ、コンタクトレンズ等によって視力の問題を解決できる状況でありますが、老眼については老眼鏡の使用をするという方法しかありません。

しかし、レーシック手術のようにメガネやコンタクトレンズといったツールを使用せずに、角膜を手術することによって視力を矯正することができるようになった訳ですから、医学の進歩と共に老眼を手術等によって克服する時代が到来することは、そう遠い話ではないような気がします。

スポンサードリンク