ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術後に注意が必要な合併症

スポンサードリンク

レーシック手術後に注意が必要な合併症
レーシック手術後に起きる可能性がある、注意が必要な合併症には一般的に以下のものがあります。
以下に掲げる合併症は稀な合併症であり、問診や検査、医師の技術等によって回避できるものです。
仮にレーシック手術に伴う合併症が発症してしまっても、医師の処置によって回復されるので心配は不要とされています。
レーシック手術
・手術中において角膜表面の一部が取れてしまう

・手術後に起きる角膜の炎症
発症した場合には、目薬や薬を飲むことによって回復するといわれています。
しかし悪化することもあり、再手術する可能性もあります。

・手術の際に角膜を削った部分がすれたり、しわが寄る
これは手術終了後の早い時期に、目をこする、目をぶつけるなどによって起きるといわれています。
異常に気付いて早期に対処すれば、問題なく回復しますが、放置しておくと視力低下の原因になりかねません。

・角膜表面にあるべき細胞が角膜の中に入り込んでしまう
進行することにより再手術を要する可能性もあります。

・乱視の発症や増強してしまう
手術の際に角膜にレーザーを照射した部分のズレによって、乱視がなかった方に乱視が発症してしまったり、乱視があった方の乱視が強くなってしまうことがあります。

・強い乱視が発症してしまう
手術の際に必要以上に角膜を削ってしまったことから、強度が低下することにより角膜が変形してしまうことがあります。
これにより強い乱視が引き起こされることになります。
しかし適切な処置を行う医師であれば起こり得ない事態とされています。
メガネやコンタクトレンズによる矯正や再手術という可能性があります。

・矯正視力が低下する
手術前と比較して、矯正視力が低下してしまうことがあります。

スポンサードリンク