ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術の流れ 手術のプロセス その1

スポンサードリンク

レーシック手術の流れ 手術のプロセス その1
レーシック手術の一般的なプロセスは以下のようなものとなっています。
1.手術台に横になる
まずは手術台にて仰向けで横になります。
そして手術を行うために頭の位置を固定します。
レーシック手術
2.開瞼器の装着
開瞼器といいまして、瞼を開いたままの状態にする器具を取り付けます。
装着に当たっては、痛みなどはありませんので心配いりません。

3.消毒と洗浄
開瞼器を装着しましたら、目と目の周りを消毒と洗浄を行います。

4.点眼
目の消毒・洗浄が終わりましたら、点眼をします。
まずは”縮瞳剤”を点眼します。
これは瞳孔を収縮させる薬です。

そして手術の直前に点眼麻酔薬を点眼します。
これらの点眼も痛みなどはありませんので心配いりません。

いよいよ手術の開始となります。
手術台に横になり真上をみますとそこには手術顕微鏡があります。
手術を受けるにあたっては、まずリラックスすることが大事となります。

そして、手術顕微鏡のレンズの中に赤い光が見えます。
これは手術を受けている際に見つめる固定灯となっています。

レーシック手術を受ける際には、目をできるだけ動かさないようにする必要があります。
そこで、手術中はこの固定灯をじっと見つめて目を動かさないようにするわけです。

レーザー照射している間に、目を動かしてしまったらと不安になる方もいるかもしれませんが、基本的には目を動かないように固定されていますので失敗するようなことはないとされています。

スポンサードリンク