ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術の流れ 検査等によって手術できない

スポンサードリンク

レーシック手術の流れ 検査等によって手術できない
レーシック手術を受ける前には精密検査や問診を受けることになりますが、その結果レーシック手術を受けることができないケースがあります。
一般的にレーシック手術を受けることができないと判断されるケースとして、以下のようなものがあります。
レーシック手術
1.角膜の疾患や異常
角膜の形状が円錐状となってしまう円錐角膜といった疾患や角膜の厚みが通常よりも薄いもの、角膜の内皮細胞数が少ないような異常などがありますが、非常に稀なケースと考えてよいでしょう。

2.目の内部疾患
白内障や緑内障、網膜はく離といった疾患や、進行性の近視、強度の不整乱視といったものがあります。

3.目の外部疾患
角膜が傷ついたことにより細菌感染し炎症を起こしてしまう角膜炎や重度の結膜炎、逆さまつげといったものがあります。

4.目以外の疾患
肺炎やインフルエンザといった急性感染症や糖尿病といった慢性肝炎の方もレーシック手術を行うことはできないとされています。

5.妊娠中・授乳中の方
妊娠中や授乳中の方も、抗生物質や鎮静剤といった薬物を投与することがあるのでレーシック手術はできないとされています。

疾患や異常と診断された場合であっても、それが十分手術に耐え得るものであることもありますので、まずは医師の判断を確認しましょう。

また、妊娠中や授乳中の方は、その期間が経過すれば問題なく手術が受けられることでしょう。
その他の疾患や異常があった場合でも、治療により緩和される、完治するに至れば手術を受けることは可能となります。

スポンサードリンク