ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術以外の治療法 PRKのトラブル

スポンサードリンク

レーシック手術以外の治療法 PRKのトラブル
レーシック手術以外の視力を回復させる矯正方法としてPRKがありますが、PRKにて矯正するにあたってのトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。

トラブルといいましてもレーシック手術やPRKを含めて、手術や治療法に100%問題がないということはありません。
しかし、PRKに起きる可能性のあるトラブルは、一般的に時間の経過とともに回復するとされています。
レーシック手術
・ハロー現象
ハロー現象は、暗い場所にて明るい光を見ると、光の周りにモヤがかかっているような感じで見える現象です。
これもPRKやレーシック手術を受けた人には、ほとんど見られる症状となります。

この症状で昼間気になることはありません。
一般的には、数ヶ月経過することにより症状はなくなっていくとされています。

・ヘイズ現象
ヘイズ現象は角膜混濁とも呼ばれ、角膜が曇ったようになる現象です。
ヘイズ現象は、PRK治療の際に角膜にレーザーを照射することにより起きるとされています。
よって、レーザー照射を受けたほとんどの方に見られる症状となりますが、その程度には個人差があるようです。

この症状は手術が終了して数週間程度で現れ始めますが、一般的には3ヶ月を経過してくると症状がなくなっていくようです。

・グレア現象
グレア現象は、暗い場所にて明るい光を見ると、異常にまぶしく見えてしまう現象です。
この症状も日常生活においては、ほとんど支障がありません。
一般的には、手術後1年を経過すれば、ほとんど症状はなくなるとされています。

スポンサードリンク