ようこそ! 「レーシック手術とは~再手術や失敗のリスク」へ

レーシック手術以外の治療方法 PRKを理解する

スポンサードリンク

レーシック手術以外の治療方法 PRKを理解する
レーシック手術による視力の回復は、近視や遠視、乱視によって不自由をしていた方たちにとって驚くべき矯正方法であったことでしょう。
長年にわたってメガネやコンタクトレンズを使用していた方が、レーシック手術によって世界が一変したという話は多く聞きます。
レーシック手術
そのレーシック手術以外に視力を回復させる矯正方法はないのでしょうか。
レーシックの技術が開発される前までは「PRK」という矯正方法が主流でした。
「PRK」とは、「Photo Refractive Keratectomy」の略です。

レーシック手術とPRKの違いは、レーシックの手術は角膜を削って蓋を作った後に、蓋を開けてレーザーを照射する方法ですが、PRKは角膜に直接レーザーを照射して矯正する方法となります。
よってPRKは角膜を削って蓋を作らないことから、手術後一定期間経過した後の角膜は手術前のきれいな状態に戻るといわれています。

これに対してレーシック手術は、角膜を削って蓋を作り、レーザー照射後に蓋を基に戻す方法なので、ボクサーや格闘家といったハードなスポーツを行い目に強い衝撃を受けた場合には蓋がずれてしまう可能性があります。
よってレーシック手術ではなくPRKによる矯正が向いているといわれています。

さらに、角膜の厚みが足らないことからレーシック手術を受けることができない場合であっても、PRKによる矯正が可能となる場合もあります。

しかしデメリットとして、手術後に目の表面の皮が再生してくるまでの間は、目が見えずらい、痛みがあるといわれています。
また合併症を引き起こす可能性があることから、手術後の目薬をしばらく続ける必要があります。

スポンサードリンク