ようこそ! 「インプラント治療とは~期間や費用、失敗のリスク」へ

インプラントを理解する

スポンサードリンク

インプラントを理解する
インプラント治療という言葉を近年耳にするようになりました。
そのインプラント治療をしっかり理解していますか。
虫歯や事故等によって歯を失ってしまうと歯根までなくなってしまいます。
このような場合、入れ歯やブリッジという方法にて治療を行っていました。
入れ歯やブリッジによる治療法では、歯茎や残っている歯を利用して人工の歯を取り付けます。
インプラント治療とは
しかし、インプラントと呼ばれる人工の歯根の埋め込んで、人工の歯を歯根に固定するインプラント治療法が実現しました。
今までの治療法との大きな違いは、歯根を取り戻すことができるという点です。

インプラント治療は、人工歯根を埋め込み、あごの骨と結合させた後に、人工の歯を取り付けることにより、本物の歯と同じような構造、使用方法ができるようになります。
つまり入れ歯のように、見た目が不自然ではなく、口の中で動くことがないことから食べ物も食べやすく、会話に問題が生じることもありません。

人工歯根であるインプラントは、純チタンにて作られています。
以前は、セラミックやクロム、コバルト、白金、金等の素材が使用されていましたが、純チタンは人体となじむこと、あごの骨や歯茎との相性がよいことから一般的となっています。

このうように、入れ歯等に代わる新しい歯の治療法として、近年は多くの方がインプラント治療を行っています。
しかし、インプラントにもメリット・デメリットがありますので、充分インプラントを理解してから治療を行うようにしましょう。

スポンサードリンク