ようこそ! 「インプラント治療とは~期間や費用、失敗のリスク」へ

インプラント治療のメリット・デメリット

スポンサードリンク

インプラント治療のメリット・デメリット
インプラント治療は、入れ歯やブリッジといった治療方法に替わるものとされていますが、インプラント治療は外科手術を受けることとなることから、簡単に治療を決めることは難しいでしょう。
そこでインプラント治療のメリット・デメリットを理解して、インプラント治療を行うかの検討材料にしましょう。
インプラント治療とは
【インプラント治療のメリット】
まずは、噛む力が歯を失う前とさほど変わらないというメリットがあります。
入れ歯のように堅い物を食べることができないということはありません。
インプラント治療によって歯根があごの骨にしっかりと固定されます。
つまり何の違和感なく食事ができるということです。

また、ブリッジのように周囲の健康な歯に負担を掛けることがありません。
見た目も自然であり、耐久性も優れており半永久的なものとされています。

インプラント治療によって、従前の健康であった時の歯に近づくことができるのです。

【インプラント治療のデメリット】
インプラント治療を受けるにあたって、一番抵抗を感じることは外科手術を受けることになることでしょう。
あごの骨や歯肉を削ることになるので、出欠や腫れ、合併症のリスクも考えられます。

また健康保険の適用がないことから、自費診療となるため費用が高額となります。
一本あたり20万円程度掛かるといわれています。

治療期間もカウンセリングから終了まで数ヶ月かかることも通常です。
また、インプラント治療が終了した後も定期的なケアが必要となります。

スポンサードリンク