ようこそ! 「インプラント治療とは~期間や費用、失敗のリスク」へ

インプラント治療はどこまでできるのか

スポンサードリンク

インプラント治療はどこまでできるのか
インプラント治療は、近年浸透してきており多くの方が治療を受けて、無くなってしまった歯を取り戻しています。
ではインプラント治療は歯がどのような状態であってもできるのでしょうか。
例えば自分の歯が全くない人は・・・。
インプラント治療とは
基本的にインプラント治療は、あごの骨がインプラント治療できる状態にあるかがポイントとなります。
よって自分の歯が1本もなくても可能となります。

歯が全くないような方のインプラント治療は、要所にインプラントを固定して、そこに土台を取り付けて人工歯を固定する形となります。
つまり無くした歯と同じ数のインプラントは必要ないということです。

あごの骨が原因でインプラント治療ができないケースであっても、自分の骨を他の場所から移植して治療を行うこともできるようです。

また、歯周病の方でもインプラント治療はできるのでしょうか。

歯周病は、歯槽膿漏とも言われ、歯を支えている骨が溶ける病気といわれています。
この病気が進行していくと、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

入れ歯やブリッジによって周囲の歯に負担がかかり、歯周病になってしまうこともあります。

このような周囲の健康な歯に負担を掛けず、無くなってしまった歯を復活させるにはインプラント治療は最適です。
インプラント治療によって、新しい歯は入れ歯やブリッジよりも強い力で噛むことができ、周囲の健康であった歯にも負担を掛けることがなくなります。
元々あった自然の歯と、ほぼ同じように使用することができるのです。

スポンサードリンク