ようこそ! 「インプラント治療とは~期間や費用、失敗のリスク」へ

インプラント治療に適さない人は

スポンサードリンク

インプラント治療に適さない人は
インプラント治療は、インプラントと呼ばれる人工の歯根をあごの骨に結合させる治療方法となっています。
よって、あごの骨がしっかりとしていればインプラント治療を受けることができるとされています。
しかし、あごの骨の状態を検査してインプラント治療が可能なのか確認することになります。
インプラント治療とは
検査の結果、あごの骨が擦り減っている、歯の周りの骨がなくなっている、骨の厚みがないと判断された場合にはインプラント治療が受けられないことがあります。
また、骨粗しょう症によってインプラントを固定する部分の骨が、スポンジ状となり極端に弱っている場合にも難しいでしょう。

あごの骨が原因でインプラント治療を受けることができないケースのほかにも、以下のような場合には治療を受けられないことがあります。

妊娠中の方や歯根に感染症がある方、あごの骨が成長過程にある未成年者もインプラント治療の制限を受けることが考えられます。
また、インプラントの材質がチタンであることからチタンアレルギーの方、インプラント治療後にはアルコール摂取の制限が必要となることからアルコール依存症の方、インプラント治療を受ける前には医師との充分なカウンセリングが必要となるので、精神疾患等により医師との意思疎通が困難な方も制限されることでしょう。

インプラント治療は、治療が終了しても定期的なケアが必要となるので、通院や口内環境のケアを行うことができないような方も難しいかも知れません。
いずれにせよ歯科医師の検査を受けて相談をすることが重要です。

スポンサードリンク