ようこそ! 「インプラント治療とは~期間や費用、失敗のリスク」へ

インプラント治療-治癒期間と第2次治療

スポンサードリンク

インプラント治療-治癒期間と第2次治療
インプラントという人工歯根を埋め込み、あごの骨と結合させるのですが、チタン金属でできているインプラントとあごの骨が結合するには時間がかかります。
よって、あごの骨が治癒するまでの期間は治療を進めることはできません。
一般的に、上あごの場合は6ヶ月程度、下あごの場合は3ヶ月程度は、インプラントとあごの骨が結合するまで待つ必要があります。
インプラント治療とは
インプラントがしっかりと固定されていないと安定した状態で人工の歯を取り付けることはできないので、この期間は絶対に必要な期間となります。

治癒期間が経過して、インプラントとあごの骨がしっかりと結合されたら第2次治療にはいります。

第2次治療は、人工歯を取り付けるための土台をインプラントに取り付けます。
この土台はアバットメントと呼ばれるものです。

このアバットメントの取り付けの治療は、インプラントを埋め込んだ際の治療とは異なり簡単なもので、時間もかかりません。
一般的に、一本あたり数分で終わる治療とされています。

インプラントは歯肉に埋まってしまっているので、その部分を開いてアバットメントを取り付けます。
取り付けが終了しましたら、歯肉を縫合して治療は終了となります。

一般的に1週間程度で抜糸をして、取り付けた土台周辺が治癒したら次の治療へと進むことになります。
次の治療は、アバットメントという土台に人工歯を取り付けるための治療となります。

スポンサードリンク