ようこそ! 「インプラント治療とは~期間や費用、失敗のリスク」へ

インプラント治療-抜糸・結合待ち

スポンサードリンク

インプラント治療-抜糸・結合待ち
インプラントを埋め込む手術を行い、2週間程度経過しましたら縫合している部分の抜糸を行うことが一般的です。
しかし、手術後の状態を確認して、抜糸して問題ないと判断された場合となります。
インプラント治療とは
無事に抜糸が終わりましたら、埋め込んだ人工歯根であるインプラントとあごの骨が結合されるまで待つことになります。
この2ステップで行われる治療法は、審美性に優れていることから前歯をインプラント治療で行いたい場合や、あごの骨が少ないような方に適した治療法となっています。

このあごの骨とインプラントが結合して安定するまでの期間は、3ヶ月から6ヶ月かかるといわれています。
しかし、インプラント治療が終了して、今までの歯と同じように使用することができ、快適な生活を送ることができるようになることを考えれば、決して長い期間ではないでしょう。

また、入れ歯をしていた方がインプラント治療を行う場合では、抜糸を行う前に入れ歯の使用を再開することができることがあります。
入れ歯の使用を再開したい場合には、担当歯科医師に相談しましょう。

一般的には、手術後1週間程度経過した時点で、歯科医師が問題ないと判断し、入れ歯に安定剤のようなものを入れ歯に取り付れば入れ歯を使用することができるとされています。

食事に関しても入れ歯の使用を再開してから2週間程度経過したら、通常の食事を摂ることができるとされています。
いずれにしても、自分の判断ではなく、担当する歯科医師に相談して、状態を確認してもらった後に判断を仰ぎましょう。

手術後に入れ歯の使用を再開する方は、インプラントが結合して安定するまでの期間においても、定期的に入れ歯と手術箇所の状態を診るために通院する必要があります。

スポンサードリンク