静岡県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「静岡県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

静岡県のカイロプラクティック・整体院

「静岡県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


婦人科疾患が原因のことも

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

腰の痛みや下肢の痛みを感じると坐骨神経痛と自分で判断する人が多いと思いますが、女性の場合はさまざまな要因から腰や下肢に痛みを覚えることがあります。
それは子宮内膜症や月経不順、冷え性、更年期障害など女性特有の疾患があって、それらが腰痛や坐骨神経痛を招くことがあるためです。

 

子宮内膜症は、子宮の内壁からはがれ落ちた細胞が卵管を通って腹腔に移動して起こります。
この細胞は、骨盤壁や卵巣、卵管の表面などに移動し増殖します。
子宮内膜症の女性の中には頻繁に痛みを訴える人もいれば、まったく痛みを感じない人もいます。
月経のある時期に悪化したり、月経周期に関係なく自然にあらわれては消えたりする場合もあります。
痛み方としては、下腹部、背中、直腸部での押されるような痛みが、膣周辺の筋肉や太もも部分に放射状に流れる、とよく言われます。
この痛みが坐骨神経痛と関係しているようです。
坐骨神経痛の原因が婦人科疾患であると判明したら、婦人科での治療を受けることになります。

 

また疾患ではありませんが、女性特有の経験として妊娠、出産があります。
妊娠するとホルモンバランスの変化や大きくなるお腹を支えるために姿勢が変わり、腰痛や下肢の痛みが出てくる女性が多くいます。
急激に大きくなるお腹のために腰に負担がかかり、子宮に圧迫されて周辺の血液の流れがスムーズに行かないことも原因です。
この場合の痛みは妊娠期間の終了=出産することで解消することがほとんどです。


坐骨神経痛の手術前後に行なうこと

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

どんな手術でもそうですが、簡単にその日に行って即受けられるものはありません。
坐骨神経痛の手術でも、もちろん術前にはさまざまな検査が行なわれます。
入院前に、血液検査、尿検査、心電図、肺機能検査などを行ない、体調や隠れた合併症がないか、などを正確に調べます。
もし術前の検査で異常が見られると、それぞれの担当医師と手術が可能かどうか相談し、さらに詳しい検査を行なうことになります。
特に腰部脊柱管狭窄症(坐骨神経痛の主な原因となる病気)の手術では、重い内科の病気を併発している場合は手術が延期されます。

 

手術のための入院をしてからも、全身のチェックや神経の検査をしてから手術となります。
術前検査におよそ1週間を要します。

 

手術後、退院するまでは栄養バランスのよい食事を摂り、軽い運動を行ないます。
術後の痛みで食欲がない場合は、点滴で栄養補給を行なう場合もあります。
手術後の痛みは普通2、3日続くことが多く、この間は鎮痛剤や、傷口からの感染を防ぐための抗菌薬が点滴されます。
退院するまでに、日常生活での正しい姿勢や立ち方、歩き方、座り方などの指導を受けます。

 

退院後は自己管理を続けながら、必要に応じてリハビリテーション科に通って理学療法を受けることもあります。
具体的なリハビリの内容は、各個人の回復度や術後の症状によって異なります。
主治医や担当の理学療法士から説明を十分に受けてください。


合併型の坐骨神経痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

坐骨神経痛などの慢性的な痛みや不快感に日々悩まされている人も少なくないでしょう。
しかし、少し休むと痛みが治り、まだ生活に支障はないからと、我慢を続けているのもよくありません。

 

坐骨神経痛のおもな原因として、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあることは前にお話しましたが、このどちらもが併発している場合もあります。
普通、狭窄症が原因の場合は上体を後ろにそらすと下肢の痛みが増し、ヘルニアが原因の場合は前屈姿勢で痛みが増します。
上体を後ろにそらしても前に倒してもお尻や下肢の痛み、しびれが増す場合、狭窄症と椎間板ヘルニアが同時に起こっていることも考えられるのです。
腰部の脊柱管が狭窄しているところに同時に腰椎椎間板ヘルニアが起きてしまうと、飛び出したヘルニアと変形した脊柱管や厚くなった靱帯が神経根を挟んで圧迫します。
狭窄とヘルニアの両方によって神経根が圧迫されるため、考えただけでもその症状の重さが想像つきます。

 

この両方を合併している場合は背中がこわばって腰を曲げることが困難になり、歩行障害を起こすことがあります。
日常生活の中では長い時間、立ち続けることはもちろん、中腰の姿勢や後屈姿勢も避けるようにしなければなりません。
また合併型の坐骨神経痛では早いうちに手術が検討されます。
他の坐骨神経痛と違い、保存両方では症状がなかなかよくならないことが多いからです。
手術では、脊柱管を広げ、飛び出したヘルニアを取り除きます。
すると坐骨神経痛の症状は軽減されます。