四国地方のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「四国地方のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

四国地方のカイロプラクティック・整体院

「四国地方のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


肩関節痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

五十肩と呼ばれる肩関節痛の症状を聞いたことがある方は多いと思いますが、40代から50代の方に多く発症するので「四十肩」「五十肩」とよばれていますが、若くても高齢になっても発症する関節痛の一つです。

 

「五十肩」は肩関節周囲炎といい、肩の関節の周りの炎症によっておこるのです。
ですから、肩の筋肉が張って痛む「肩こり」とは痛い、肩関節と腕にかけて痛みを伴います。

 

五十肩になる原因は、やはり骨の老化と考えられてはいますが、はっきりとした原因はわかっていません。
痛みを突然 感じたとたん、腕が上がらなくなると言われています。
安静時はもちろん、肩を上げたり下げたりする上下運動が痛みで出来なくなります。

 

五十肩を経験した方には、トイレが一番困ったという方がいました。
下着を上げたり下げたりすることができなかったのだそうです。
腕を思いっきり上に上げるわけでもないのに、そのような動作も困難になるといわれています。

 

また、慢性してくると、夜寝ていても痛みを伴うようになります。
もちろん、このような症状が出たら、我慢も限界でしょう。
病院へ駆け込む方がほとんどです。

 

では、五十肩にならないためにはどうしたら良いのでしょうか?
一番の予防は、姿勢を良くする事です。
テレビを見る時やくつろぐ時、寝転ぶ方は多いのではないでしょうか。
確かに楽ですよね。
でも、このような姿勢の悪さが肩に負担をかけているのです。

 

さらには、肩の血行をよくすることが大事です。
普段から、お風呂の中で十分に温めて、軽い運動をするなどして関節痛の予防に努めましょう。


関節痛の理学療法

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

関節痛の治療には、湿布や薬といった薬物による治療のほか理学療法も行われます。
理学療法とは、機能が鈍くなった患部を機能回復のために行うリハビリテーションのことで、関節痛の痛みを和らげるために行われるリハビリには、運動療法のほか、温熱・電気・光線・水などを使って行う物理療法があります。
さらには、家でも出来るようにマッサージ・体操の方法も指導してもらえます。

 

主な物理療法としては、首・腰の関節の軽度の変形を矯正するための牽引です。
これは、関節が縮んで痛みを伴っている人には効果的な療法で、縮まった関節周囲の軟部組織を伸ばしてくれるものです。

 

温熱には、ウエルダーと呼ばれるものがあります。
これは、微振動でマッサージをしながら患部を温めるもので、血行を促進し血液の循環をよくする効果があります。
磁気も入っているので、患部に金属が埋め込んである方は、使用できません。
その場合には、ホットパックというものがありますので安心してください。
ただしこれらは、熱がある時にはさらに熱があがってしまう危険があるので避けましょう。

 

電気を使うものとしては、干渉電流療法・低周波などがあります。
筋肉を強化させたり萎縮するのを防止する役割があります。
マッサージ効果もあり、血行が改善されるので、むくみも改善されるでしょう。
しかし、心臓にペースメーカーが入っている人や妊婦、発作が出る人には行うことができません。
他に、炎症を抑えたり痛みを軽減させるための、レーザーなども物理療法の一つです。

 

どのメニューを行うかは、医師と相談して決めますが、自分にはあわないと感じたり、調子が悪くなったときは直ちに報告しましょう。
自分にあう理学療法を取り入れて、関節痛の痛みを軽くしてくださいね。


病院で行う関節痛の検査

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

関節痛の痛みに耐え切れず、病院に駆け込んだ場合レントゲンをとってもらうことは必須条件ですが、他にはどのような検査を受けるのでしょうか?
どのような病気でも、医師の問診を受けるのは当然ですが医師からの質問に答えるだけではなく、質問があれば聞けるようにしておきましょう。
また、飲んでいる薬やアレルギーなどがあればはっきりと伝えるようにします。

 

検査としては、血液検査や尿検査も行われます。
この検査によって、他に病気をひきおこしていないかなどが分かります。
もちろん患部も見せなくてはなりません。
レントゲンをとる際には、衣服もとらなくてはならない場合がありますから、着脱しやすい服装をオススメします。

 

レントゲンで関節痛の原因が分からない場合は、MRI検査をおこなうことがあります。
MRI検査とは、トンネルのような検査台の中に入って身体の断面をあらゆる角度から写し出す方法です。
レントゲンでは写らないような軟骨・靭帯・筋肉も見る事ができ放射線がないというのも安心です。
最近ではMRIを導入している病院が多いのですが、導入していない病院からもMRIを撮ってもらえる病院を紹介してもらえます。

 

関節痛は長期にわたってつきあっていかなくてはならない病気です。
病気とつきあうと言う事は、医師とのつきあいも長くなるわけです。
話を親身になって聞いてくれるのはもちろん、よりよい治療法を一緒に考えてくれるような医師とめぐりあうことが重要です。