埼玉県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「埼玉県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

埼玉県のカイロプラクティック・整体院

「埼玉県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


補完代替療法

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

坐骨神経痛に悩む人が考えることは、とにかく痛みを取り除きたいということでしょう。
坐骨神経痛の治療をして段階的に改善していく方法が最適な治療とわかっていても、痛みの解消を優先させるため民間療法を試す方も多いようです。
民間療法としてはマッサージやヨガ、鍼灸治療、薬草治療、瞑想等が考えられます。
これらは補完代替療法と呼ばれ、身体的、精神的、感情的の全体を捉えて健康問題を治していく治療法と言われています。

 

ここでは、慢性痛の代表である腰痛や坐骨神経痛などの改善法として行なわれてる補完代替療法を紹介します。

鍼灸治療

鍼灸治療は、人間の皮膚の下には生命力を意味する気が流れる経絡が通っているという中国古来の考え方に基づいて行なわれます。
この気が妨げられると病気が生じると言われています。
鍼治療では通常、1〜20本の細い針を皮膚に10〜30分間ほど挿入します。
針を使うことで、経路の遮断物を取り除いて気の流れをスムーズにするそうです。
鍼灸治療は特定の症状に関しては西洋医学でもその有効性が認められつつあります。
腰痛や関節炎、歯の痛み、頭痛、ぜん息の治療などにも効果があると考えられています。
また副作用が少ない、という点でも注目されている治療法です。

指圧

鍼灸治療と同様に、経絡に気が流れているという考え方に基づきます。
指圧師はからだの特定部分を指で押し、気の自由な流れを促進して痛みやストレスといった症状をやわらげます。

 

これらは広く行なわれており、実際に効果のあった患者も多くいると聞きます。
しかしこれらの治療による効果や予防性に関して、まだ医学的な根拠は示されていないようです。
信頼のできる鍼灸院や整体院で、自分できちんと説明を受けて納得をした上で施術を受けるようにしてください。


閉塞性動脈硬化症

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

脊椎における疾患とは無関係に、坐骨神経痛と似た症状が出る病気があります。
それが血管の疾患である閉塞性動脈硬化症です。

 

手足の慢性的な血流障害は、動脈の内側にどろどろした物質(血液中の過剰なコレステロールや中性脂肪)が沈着して血管の内膜が狭くなり、血液が流れにくくなり血栓ができて血管がふさがって起こります。
この病気は高脂血症や高血圧、糖尿病、肥満など生活習慣病と関係が深く、また喫煙やストレスなども原因のひとつと言われ、50歳以上の人に多く見られます。
特に糖尿病を患っている人では約10パーセントに閉塞性動脈硬化症が見られます。

 

閉塞性動脈硬化症は全身に起きた動脈硬化が原因で、両足への血流が損なわれることで慢性的に血行障害を起こします。
血液が十分に流れてこないため、両足が酸素不足になり歩けなくなったり筋肉が痛んだりします。
症状が坐骨神経痛と似ていますが、坐骨神経痛では座ったり前傾姿勢で痛みが軽減されるのに対して閉塞性動脈硬化症では立ったまま休むだけで痛みがとれるのが特徴です。

 

閉塞性動脈硬化症は放っておくとどんどん動脈硬化が進んで血流がさらに悪化し、最悪の場合は酸素と栄養が不足して足が腐り始め、切断を要することもあります。
始めは両足の冷感やしびれ程度しか感じないため、つい見過ごしてしまうのですが、進行すると間欠跛行が出始めのちに激しい痛みと足先端の壊死が始まるというとても怖い病気なのです。


腫瘍が原因の坐骨神経痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

腰が重い、お尻や太ももが痛い、足がしびれる・・・これら坐骨神経痛の痛みは重度になると普段の私たちの生活に支障を来たすこともあります。
しかし症状の出始めはちょっとしたしびれや異変だったり、少し休むことで痛みが引いたり、我慢できる程度のしびれであるためについつい放っておいてしまうことが多いのも坐骨神経痛なのです。
少し休めば痛みが引くのは、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが原因となっているケースでもっとも多いパターンです。
しかし腰痛や坐骨神経痛が襲ってきて、安静にしていてもその痛みが治まらない場合、腫瘍が原因のこともあります。

 

脊椎や馬尾に腫瘍ができ、他の臓器にできたがんが血液やリンパ液によって運ばれて脊椎や骨盤に入ってくると、腰痛や坐骨神経痛の原因になることがあるのです。
がんが脊椎に転移すると、背中や腰、下肢に激痛があらわれます。
転移するがんは、肺がん、胃がん、腎臓がん、直腸がん、甲状腺がんがあり、女性では乳がん、子宮がん、卵巣がん、男性では前立腺がんが多くなっているようです。
もともと転移しやすいがんの病歴がある人は、腰痛や下肢の痛みが起こったときには、原因が脊椎の疾患なのか、それともがんの転移によるものなのかを詳しく調べる必要があります。

 

また骨盤に痛みを感じても、必ずしも骨盤の疾患とは限らず骨盤の内外にある臓器の疾患が原因のこともあります。
整形外科で詳しく検査して原因をつかみ、それぞれの専門医の治療を受ける必要があります。