大阪府のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「大阪府のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

大阪府のカイロプラクティック・整体院

「大阪府のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


子供の関節痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

子供の頃、何もしていないのに脚が痛くて、何か悪い病気なんじゃないか・・・と不安になった経験がありませんか?
大抵の場合、親に言うと「きっと、成長痛ね。大きくなっている証拠よ」と言われるものです。
この成長痛、子供の関節痛の一種ですが、原因ははっきりしていません。
子供の年齢によっても、多少 意味合いが違ってくるようです。

 

幼児期の場合、昼間は痛がらずに夜だけ痛がる場合は、精神的なものが原因となることが多いようです。
かといって、脚が痛くないのかと言えば、そうではありません。
本人はとても痛いのです。
子供が、痛いと訴えるのなら、マッサージをしてあげたり湿布をはってあげましょう。
年齢とともに落ち着いて、痛みを訴えることはなくなるでしょう。

 

成長期の場合は、スポーツをやっている子に多いと言われています。
骨と筋肉・腱の成長が比例しないのが原因のようです。
昼間 酷使した脚に、疲労が夜になって蓄積するためではないかといわれています。
痛いときは、激しいスポーツは避ける、温かいお風呂に入るなどのケアが必要です。

 

また、どちらも昼間も痛がるようなら、他の関節痛が考えられます。
例えば、股関節炎や亜脱臼、膝蓋軟骨軟化症などです。

 

このような場合は、必ず病院で適切な処置をしてもらいましょう。
病院によっては成長痛で片付けられてしまうかもしれません。
しかし、納得がいかなかったら、違う病院で診てもらうのも良いでしょう。
将来、わが子が関節痛で苦しまないためにも、早めのケアは必要です。


肘の関節痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

膝や腰の関節痛に比べて、さほど障害がないのが肘の関節痛です。
肘は、主にスポーツをしている人に多い病気というだけあって、その病名もほとんどにスポーツの名前がついています。
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘・・・
すべて肘を使いすぎているために起こる関節痛です。

 

野球肘は、その名のとおり野球をしている方、特にピッチャーに多い関節痛です。
投球フォームや投球数などによっても違いますが、ひどいと軟骨に傷がついて骨のかけらが関節内を動き回るので、痛みで腕を曲げたり伸ばしたりできなくなります。
プロ野球選手はもちろん、少年野球に熱心な子供にも 多いと言われています。
特に子供は、骨や筋肉などが成長途中ですから、必要以上の練習のやり過ぎが、肘を痛めてしまうことになりかねません。
強くなりたい、上手になりたい・・・と熱心に練習に励む子供や親御さん。
もしかしたら将来、プロ野球選手になるかもしれない大事な腕です。
決して酷使することなく、子供の年齢に合わせた投球数にする、終わった後は、アイシングをするなどのケアが必要ですね。
肘の内側や外側を軽く押して痛がるようなら、関節痛が始まっているのかもしれません。
すぐに病院でみてもらいましょう。

 

また、テニス肘・ゴルフ肘は、テニスやゴルフのやりすぎだけが原因ではありません。
肘や手首の使いすぎにより、肘の外側が炎症を起こす関節痛をこのように言うのだそうです。
最近では、パソコンの使いすぎで、手首や肘の関節痛を訴える方は増えています。

 

肘関節痛になったら、まずは腕を使うのはやめるようにします。
病院で、消炎鎮痛剤や湿布を処方してもらいましょう。
さらには、温熱療法や運動療法の治療が行われる場合もあります。
早く治すには無理をしないことがコツです。


人工関節再置換手術

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

人工関節置換手術は、使えなくなった関節を新しく入れ替えることで、関節痛とともに歩んできた先の人生に希望をもたらしてくれます。
この手術は従来、高齢者を対象に行われることが多いものでした。
なぜなら、人工関節というのは、永久的なものではないからです。

 

生き物だけではなく、物には寿命があります。
人工関節にもやはり、寿命があることを頭にいれておかなくてはなりません。
人工関節の耐久性は約15〜20年といわれています。
ですから、若いうちに手術をすれば、この先 再手術をうける必要がでてくるというわけです。

 

再手術には、部品だけを交換すれば良い場合、全てを交換する場合があります。
これは、手術を受けた人の生活習慣によっても、違ってきます。
手術を受けて関節痛から開放されたからと言って、毎日を忙しく動き回っていては、再手術も仕方ありませんが、週に何日かはリハビリに通ったり簡単なストレッチ運動をして大事にすれば、人工関節の劣化も遅らせることができるでしょう。

 

再手術なんて考えただけでもイヤかもしれません。
しかし、現在では 若い時期に人工関節置換手術をすすめる病院もあるようです。
関節痛のせいで、楽しくない人生を送るより、現在(いま)を楽しく暮らしたほうが幸せです。
高齢になってからの手術は、体力も筋力も衰えていますから、その後の回復も時間がかかります。
しかし、少しでも若い時期に手術をうければ、回復力も早くまた人工関節のゆるみも起こりにくいと考えられているからです。
手術を受けるかどうか決めるのに期限はありません。
ゆっくり考えて、決めるようにしましょう。