新潟県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「新潟県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

新潟県のカイロプラクティック・整体院

「新潟県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


しびれの症状

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

坐骨神経痛の症状として、下肢の痛みのほかにしびれもよくあらわれますね。
しびれというのは多くの人が経験したことのある感覚だと思います。
例えば正座をしていた足をほぐしたとき、腕に頭をのせたままうたた寝したあと、など、足や腕にしびれを感じた経験はほとんどの人があることでしょう。
これらのしびれは時間の経過とともに消えて、後遺症も残らないことから、特に心配する人もいないと思います。

 

でもこれが自分でしびれる原因も思い当たらないのに足がしびれ、いつまで経ってもしびれが取れないときなどは不安になってしまいますよね。
しびれと言っても人それぞれ感じ方はさまざまです。
痛みの表現が難しいのと同じで、しびれを言葉で説明しようとしても、なかなか伝わりにくいものです。
ジンジンする、ピリピリする、とはよく聞く表現ですが、しびれによって触られても感覚が鈍くなって紙を一枚挟んで触れている感じだと表現する人もいます。
子どもに聞くと、正座の後の足のしびれを「足がパチパチする」という子もいます。
表現の仕方はさまざまですが、坐骨神経痛などが疑われて整形外科を受診する際に、しびれの感じ方について例えられる表現やどうするとしびれるのか、などをメモしておくとよいと思います。

 

正座をしていたとか、しゃがんでいた、などしびれる理由が明確な場合やすぐにしびれが治まる場合は心配することもありませんが、1日に何度もしびれがきたり歩行中にしびれてくるなどの症状が出たときには早めに病院を受診するようにしてください。


腰椎椎間板ヘルニア

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

お尻や足に不快なしびれが起こる、太ももに痛みが走る、などの症状があらわれたときには、まず坐骨神経痛を疑うでしょう。
特に前かがみになると痛みが増す場合、坐骨神経痛の原因が腰椎椎間板ヘルニアであると予測されます。
腰椎椎間板ヘルニアは20〜30代の若い世代によく見られます。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎の椎骨と椎骨の間にあってクッションの役割をしている椎間板の線維輪や髄核の一部が後方(背中側)に飛び出した状態のことを言います。
この状態を聞くと痛そうに思えるのですが、腰椎椎間板ヘルニアがあっても、必ずしも腰痛や坐骨神経痛の症状があらわれるわけではないようです。
MRIが普及したことで椎間板ヘルニアの経過を鮮明な画像で確認できるようになり、このことがわかってきたそうです。

 

そのため、椎間板ヘルニアが神経根などを圧迫して炎症を起こしていなければ、経過観察となります。
腰椎椎間板ヘルニアの多くは特に治療をしなくても飛び出したヘルニアが自然に小さくなって引っ込むため、保存療法から始まります。
普通は3ヶ月でおよそ8割の人に改善が見られるそうです。

 

しかしこのように自然に治ることが多い反面、腰椎椎間板ヘルニアは再発することもあるのです。
椎間板ヘルニアを起こす原因としては、重いものを持ち上げたりからだをひねったり、長時間にわたって車を運転したりデスクワークを続けることなどがあります。
意外にもスポーツによって腰椎椎間板ヘルニアになるケースは少ないようです。


神経ブロックの種類

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

何か外科的な手術を行なうとき、手術中の痛みから解放させるために麻酔をかけますよね。
この麻酔とは、痛みを伝える神経に麻酔薬を注射して痛みの伝達を妨げる処置のことを言っています。
神経に麻酔薬を注射し、痛みが伝わらないように遮断する方法が、痛みの治療に効果的であるとわかり、神経ブロック療法が治療法の一つとして独立しました。

 

神経ブロックは注射の食後に短時間、痛みの伝達をブロックするだけでなく、自律神経や運動神経の余計な緊張を取り除き、慢性的な痛みも改善させることができます。
どの神経のどの部分に麻酔薬を注射するのかによって、神経ブロックの種類は多々あります。
坐骨神経痛の治療に使われる神経ブロックには、硬膜外ブロックと神経根ブロックがあります。

硬膜外ブロック

脊柱管内の硬膜より外側のスペースに局所麻酔薬や時にステロイド薬を注射して、神経組織に吸収させます。
麻酔薬の働きで感覚神経が遮断されて痛みがやわらぎます。
同時に血流がよくなり、筋肉の緊張もほぐれます。
痛みを取り除くだけでなく、神経の炎症を抑える効果も期待できます。
痛みの起きている部位の違いによって、腰部硬膜外ブロックと仙骨硬膜外ブロックがあります。

神経根ブロック

その名の通り、坐骨神経痛の痛みを伝えている神経根に直接、麻酔薬を注射します。
狭窄型やヘルニア型の坐骨神経痛にはよく効く神経ブロックと言われています。
造影剤を一緒に注射して、神経根の圧迫状態などを観察することもあります。
神経根ブロックでは、注入された薬剤が直接神経根に触れるため、電気が走るような痛みを感じる人もいます。