三重県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「三重県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

三重県のカイロプラクティック・整体院

「三重県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


関節痛とヒアルロンサン

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

今や美容の世界でも、取り上げられることの多いヒアルロンサン
女性なら誰もが気にする「しわ」「たるみ」が現れるのは、このヒアルロンサンが減少するのが原因です。
ゼリー状の成分で肌の潤いやハリを保つ、ヒアルロンサン。
サプリメントや美容液でよく使用されているので、ご存知の方も多いでしょう。
ヒアルロンサンの特徴は、水となじみやすいので保水力が高いという点です。

 

では、ヒアルロンサンが関節痛とどのような関係があるのでしょう。
関節痛は関節の軟骨が減り、関節液が減少するために発病します。
実は、関節液の中には、もともとこのヒアルロンサンが多く含まれているのです。
カルシウムやビタミンのように普段の食事から摂取できれば一番良いのですが、残念ながら一般の食事からは摂取が難しいとされています。

 

食事療法で無理だったら仕方がないと思われがちですが、医療分野ではヒアルロンサンの関節内注射が使われています。
整形外科では、変形性膝関節症・関節リウマチ・肩関節周囲炎の関節痛治療の一環として使用されています。
注射をすることによって、関節内のヒアルロンサンを補い、痛みと炎症を抑えてくれるのです。

 

痛みがなくなるのなら、毎日でも打ちに行きたいところですが、この注射は約1週間に1回、なるべく7日間以上あけて打つようにしましょう。
あまり打ち続けると、効果が薄れてくるともいわれていますので、調子の良い日は理学療法を取り入れたり、湿布剤や内服薬などを上手に利用して様子を見ましょう。
注射は痛いイメージがありますが、評判などを聞いて情報を常に取り入れ、良い医師とめぐり合えるといいですね。


股関節痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

妊婦さんが、母親学級などで習う安産体操があります。
これは、腰痛を防いだり、股関節を強化させる目的です。
お産のときは、足を大きく開かなくてはなりません。
股関節が硬くて開かないと、赤ちゃんが出てこれなくなってしまいます。

 

特に女性の骨盤は、男性に比べて股関節が浅くなっているので、ずれやすくなっています。
出産時には、産道をひろげるために、股関節はずれるものなのですが、出産後は元に戻るようになっています。
しかし、中には大きくずれすぎると回復に時間がかかり、股関節の周りの筋肉も硬くなるために、痛みを生じるようになります。
これが股関節痛です。
股関節痛が女性に多い理由がわかります。

 

もちろん、出産を経験していなくても股関節痛になる方はいらっしゃいます。
日常の生活で、足をよく組む、横座りをよくする、片方の足に体重をかけて立つ。
このような覚えがある方は要注意です。

 

股関節に痛みを感じるようになったら、すぐに病院へ行くのが良いでしょう。
股関節痛には、股関節につながる腰や膝、肩や首にも影響を及ぼしていることがあるからです。
痛みの原因となっている患部も同時に治療する必要があります。

 

ひどくなると、人工関節に置き換える手術を勧められることがありますが、手術をしても元の元気な身体になる人ばかりではありません。
ひどくならないように、日頃から股関節運動などをしておくとよいでしょう。
しかし、無理をしてさらに痛みが増しては元も子もありませんから、医師の指示に従いましょう。


変形性膝関節症になりやすい脚

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

膝の関節痛の中で最も多いのが変形性膝関節症です。
変形性膝関節症は、骨の老化や体型などの理由で、膝が変形するといわれている関節痛です。
とはいえ、高齢で肥満型なら誰でもなるのかと言えばそうではありません。

 

実は、変形性膝関節症になりやすいかどうかは、若い時からその傾向が見られるのです。
では、一体なにをみればわかると思いますか?
それは、脚の形です。
美しい脚は、男性ならずとも女性でも思わず見とれてしまいます。
スカートをはいている時は気にしていても、パンツスタイルになると安心して気が緩む経験は、女性ならあるのではないでしょうか?

 

人間の脚は膝の形で、決まってきます。
正常な人は、重心が膝の中心にかかるので、関節へかかる負担が少なくすみます。
このタイプは膝関節痛とは無縁と言ってよいでしょう。

 

O脚タイプの膝は膝関節の内側、X脚タイプの膝は膝関節の外側に負担がかかります。
ゆえに、内側および外側の摩擦が進んで、関節痛になってしまうのです。

 

膝関節の問題だけではなく、肩こりや腰痛にもつながっている脚の形。
スタイルが良いということは見た目がいいだけではなく、病気にも打ち克つということがわかります。

 

脚(膝)の形を正常にすると、むくみやだるさで眠れなかった夜が嘘のようになくなるといいます。
現在は、矯正をしてくれるところもあるようですが、家でできる矯正ストレッチや矯正体操なども効果的でしょう。