九州・沖縄地方のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「九州・沖縄地方のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

九州・沖縄地方のカイロプラクティック・整体院

「九州・沖縄地方のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


膝の関節痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

関節痛の中でも、中高年になって多くなるのが膝関節痛です。
膝関節痛は、初めのうちは膝に違和感を感じたり、こわばっているような感じをうけるだけなのですが、それを全く感じさせない期間もあるため、あまり気にしない方がほとんどのようです。
しかし、本当はこの時期から予防しておくのが理想的です。
たとえば、正座を避けていすの生活を送る、身体を冷やさない、軽い体操をする、クッション性の高い靴を履くなど、膝への負担をなくすことがよいでしょう。

 

初期段階で違和感を放置しておくと、これが次第に痛みに変わってきます。
立ったり座ったりする時、階段を上ったり降りたりする時、歩き始める時・・・
このような時に痛みを感じるようになったら、軟骨が磨り減って、骨が変形してきていることが考えられます。
この状態を変形性膝関節症と言います。

 

変形性膝関節症は、軟骨の老化はもちろん 肥満気味の方に多く見られます。
人間は歩いているとき、体重の2〜3倍の力が膝にかかっているのだそうです。
もしも、自分の体重が肥満傾向にあったら、よっぽど丈夫な膝じゃないと支えるのがどれほど大変か分かります。
膝の負担を軽くしてあげるために、太らないように気をつけることも、予防の一つといえるでしょう。

 

歩くために大事な膝が痛くては、外に出るのもおっくうになりますし、日常生活にも支障をきたしてしまいます。
将来、寝たきりにならないためにも、膝関節痛は早めに治療しておきましょう。


神経ブロック療法

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

坐骨神経痛の症状に悩まされている方は少なくないと感じます。
治療をすすめて劇的に症状が軽くなる、これを試したら一発で完治した、などという話はほとんどなく、症状の軽減や完治の方法に悩んでいることでしょう。
坐骨神経痛は地味だけれども確実にその人の生活を脅かすこまった病気です。

 

薬を服用し、コルセットや運動などの理学療法でも症状の改善が見られない方が行う治療法に神経ブロック療法があります。
「ブロック」というと頭痛薬のCMでよく聞く言葉です。
神経ブロック療法もその名の通り、神経やその近くに局所麻酔を注射して、神経の伝わりをブロックしてしまう方法です。
神経ブロックの注射をすることにより、痛みを抑えたり血液の流れをよくして障害部分を回復させたり、自分で治癒させる力を高めることができます。
抜歯するときの麻酔や、がんの痛みを抑えるためなどに広く行なわれている方法です。
神経ブロック療法は、ペインクリニックなど外来で行なえ、他の保存療法に比べて効果がわかりやすい、という人が割に多いです。

 

「がんと同じ治療?」「神経を麻痺させるの?」と期待半分、恐怖感半分という人もいるかと思いますが、坐骨神経痛の治療に使うのは低濃度の少量の局所麻酔薬で、通常はしびれなどの副作用はないと言われます。
使用後も体内ですぐに分解されてしまうそうです。
慢性的な痛みに何をしてもよくならなかったという人にとって、効果が実感できる治療法として神経ブロック療法が注目されつつあるようです。


高齢者に多い狭窄型の坐骨神経痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

腰や足の痛を感じ年齢が理由なのではと感じる人も多いことでしょう。
坐骨神経痛に限らず、年齢を重ねることによって痛みや徒労感、疲労感を感じ不調が現れてくるかもしれません。

 

坐骨神経痛の原因のひとつである腰部脊柱管狭窄症も、50歳以上の人に多い疾患と言われています。
これは年齢を重ねることによって脊柱管の骨がもろくなったり、その周りにある靱帯が厚くなったり、椎間板の水分が減って薄くなったりして脊柱管が変形しやすくなるためです。
お年寄りを見ていると、背中が丸くなっている人が多く感じます。
これも、脊柱管の老化や狭窄症が原因のひとつとなっています。
しかし、生まれつきに脊柱管が狭い人もいて、この場合は加齢による脊椎の変形が起こりやすく靱帯は厚くなりやすいため30代でも腰部脊柱管狭窄症にかかりやすくなります。
ただし腰部脊柱管狭窄症の症状が見られるからと言って、必ずしも坐骨神経痛などの痛みやしびれが起こるわけではありません。
脊柱管の変形が進み、脊柱管の中を通る脊髄や神経根を圧迫して炎症を来たすと、坐骨神経痛などの痛みを招くようになるのです。

 

坐骨神経痛の原因が腰部脊柱管狭窄症である場合、体操やストレッチで痛みやしびれの症状が改善されるのですが、高齢者は筋肉の働きが弱く骨がもろくなっていることもありますので、無理に運動を行なうと症状が悪化してしまうこともあります。
何ごとも無理は禁物ですので適切なストレッチ方法の指導を受け、効果を1週間ごとに確認しながら進めてください。