北関東のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「北関東のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

北関東のカイロプラクティック・整体院

「北関東のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


怪我と関節痛

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

変形性膝関節症は、出産や更年期などの影響によってホルモンのバランスが変化するために脂肪がつきやすくなるという女性に多い膝の関節痛です。
しかし男性も発症するケースがあります。それは肥満傾向にある場合発症率は高いといわれています。
また50〜60代の年齢に多いと言われています。

 

年齢も若く太ってもいないのに膝が痛く感じる方はいませんか?
これは膝関節痛になる原因が老化と肥満に限ったことではないからです。
考えられる原因のひとつとして、膝を怪我した経験がある方に起こり得ます。
怪我としては骨折や靭帯損傷などがあります。

 

そしてその怪我を完治するまでキチンと病院に通いましたか?
痛みがある時にはすぐ病院へ行きますが、痛みがなくなると完治することなく病院へ行かなくなることはよくあることです。
痛みがなくなり完治したと思っても、まだリハビリが必要だったり、定期的な診察が必要だったりすることがあります。

 

このように怪我を中途半端に放置したために、膝関節痛となえい変形性膝関節症の発症へとつながっていくことがあるのです。
変形性膝関節症は、発症のはじまりから末期まで、長期にわたって痛みを伴うやっかいな病気です。

 

よって怪我をしたにも関わらす病院には行くほどではないと勝手に判断してはいけません。
また、自分でテーピングなどで固定するなど誤った方法で治療することもよくありません。
怪我をしてしまったら病院に着くまでは患部を冷やして、患部の腫れや痛みを軽減させます。
そして、病院でキチンと診断を受けたら通院をして、医師から完治を告知されるまで通院することが後々のことも考えて重要となります。


関節痛とスポーツ

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

関節痛を発症してしまった場合、重要となるのは体重の管理です。
医師から適度な運動をするようにといわれたら、何をすればよいのでしょうか?
ウォーキングをすることは簡単で始めやすいですが、間違ったやり方をしては逆効果です。

 

オススメなのがスポーツクラブです。
その理由として最近のスポーツクラブにはたくさんのプログラムが用意されおり、当然に体重を落としたい方向けのプログラムもあります。
スポーツクラブは健康の人だけが利用するものではなく、体力をつけたい方、健康を維持したい方、ダイエットしたい方など様々です。

 

関節痛の方へのおすすめプログラムはスイミングでしょう。
スイミングといっても競泳のような泳ぎをマスターするわけではありません。

 

プールの中では、腰や膝に負荷がかかることなく楽に運動することができます。
水の中で簡単な運動をするだけで、消耗するエネルギーは大変大きいものとなるのです。
よって腰や膝に負担が掛からず運動できるだけではなく、ダイエットにも大変効果があります。

 

水中ウォーキングのコツとしては、途中で休憩をいれながら大股でゆっくり歩くことです。
無理していきなり長時間することなく、短い時間から徐々に増やしていきましょう。
関節痛の方向けのプログラムがある場合には、自己流でやることなく最初から関節改善プログラムに従って運動することをオススメします。

 

スポーツクラブへ行けば仲間もでき充実した時間が過ごすことが期待できます。
多少の費用がかかっても、安全・安心に運動することは重要です。
プログラムはスポーツジム毎に異なりますので、まずはスタッフに相談しましょう。
また、当然のことですが医師に許可をもらうことを忘れないでください。


関節痛と睡眠

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

人間が一番リラックスできる時間はズバリ睡眠の時間でしょう。
1日の疲れをお風呂で癒して後に布団に入った時の何ともいえない心地よさは誰もが感じたことがあるのでは。
しかし、関節痛で悩んでいる方の多くが不眠を訴えるのが現状です。

 

関節痛で慢性的なものは、夜寝ているときも痛みがあるので睡眠も浅いものとなってしまいます。
睡眠は人間が生きていくうえで重要な生活リズムのひとつであり、それが損なわれることは大きな問題といえます。
しかし病院から処方される安定剤に頼ってばかりも困ったものです。
よって薬に頼らなくても寝れるように工夫してみましょう。

 

何を工夫するかと言うと布団です。
ふかふかの布団は気持ちがいいものですが、やわらか過ぎる布団は関節痛には問題があります。
やわらかい布団では腰の筋肉が伸び疲れてしまいます。
よって布団は やや硬めのものをオススメします。

 

次は眠る際の姿勢です。
腰に一番負担がない寝方はあお向けです。
しかし腰が痛い時にあお向けで寝ると痛くて辛いものです。
このような場合には横向きで寝ましょう。
横向きで寝る姿勢の場合は膝の関節痛に良いとされています。

 

さらにオススメなのが“抱き枕”です。
今は寝具売り場だけでなく雑貨屋にも、様々な形の抱き枕が売られています。
この抱き枕を膝の下にいれるだけで、脚のむくみや倦怠感が解消されることがあります。
適した硬さの布団で、眠る姿勢も状況に合わせて、抱き枕も併せて利用できれば快適な睡眠が期待できるでしょう。