神奈川県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「神奈川県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

神奈川県のカイロプラクティック・整体院

「神奈川県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


ステッキは関節痛のパートナー

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

膝が痛くて本当は歩くのもままならないのに、無理に脚をひきずって歩いている人を見る事があります。
はたまた、ひきずって歩くくらいなら、外に出たくないと引きこもってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

もしも、御家族にこのような方がいたら、ステッキをすすめてみてはいかがでしょう?
「杖なんて持つような歳じゃない!」と叱られてしまうかもしれません。

 

ところが、ステッキは膝や股関節の関節痛患者にとって、とても有能なパートナーになるのです。
通常、私達は2本の足で体重をささえています。
しかし、杖を使えば脚とステッキの3本で支えることになりますから、膝や股関節の負担が軽くなるのは分かりますね?

 

ステッキを持つのは、関節痛の脚の反対側の手です。
例えば、右足が関節痛ならば、左手で持つようにします。
こうすることによって、体重を分散させることができるのです。

 

ステッキは高齢者が持つものとは限りません。
若くても、早い時期から持つと、関節痛の進行を防いでくれます。

 

どのようなステッキがあるのかは、インターネットで検索しても、色々な種類を見る事ができます。
紳士用・婦人用・持ち手がおしゃれなもの・折りたたみ・・・
もちろん、手や指、手首にも関節痛があると、折りたたみ式は辛いでしょうから、症状にあったものを選ぶのが良いですね。

 

初めてステッキを購入するときは、専門家のアドバイスを受けると良いでしょう。
帽子のようにステッキも気分やファッションに合わせて替える方がいたら、素敵ですね。


関節痛の種類

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

関節痛と呼ばれる病気にはいろいろな病気があります。

 

関節が痛くなると、「骨が弱くなってきたのかしら?」「リウマチだったらどうしよう」と心配になる方もいるでしょう。
しかし、小さい子供に「関節が痛い」と言われたところで、骨がもろくなっているとは思えませんから、誰でも他に原因がないかを探すのではないでしょうか。

 

では、関節痛には骨の老化が原因の病気のほかにどのようなものがあると思いますか?
まず、子供の関節痛を見てみましょう。
子供の関節痛には、風邪、おたふくかぜ、はしか、風疹、インフルエンザなどが原因となるものがあります。
しかし、この場合の関節痛は心配はいりません。
たとえ、これらの病気で関節痛になっても、関節が損傷することはありません。
熱が下がれば、自然に治まりますが、心配なら鎮痛剤を処方してもらうと良いでしょう。
あまり痛がるようなら、湿布を貼ったり、軽くマッサージをしてあげて下さい。

 

そのほか、スポーツをやっている時、高いヒールの靴を履いている時など、足をくじいたことはありませんか?
これを捻挫(ねんざ)と言います。
捻挫も関節痛の一つです。
捻挫になったら、すぐに患部を冷湿布で冷やし、固定します。
もしかしたら、骨折している可能性もあるので、病院でレントゲンを撮ってもらうとよいですね。

 

また、軽い捻挫だからと放置しておくと、将来 深刻な関節痛になることも考えられます。
たいしたこと無いと自分で決め付けず、適切な処置をうけましょう。


人工関節置換手術の費用

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

手術を受けると簡単に言っても、やはりいろいろな心配はでてきますよね。
しかも、人工関節置換手術を考える大半は高齢者の方々です。
人工関節置換手術を受けたいけど、年金暮らしでは・・・と不安になる方もいらっしゃるでしょう。

 

人工関節置換手術にかかる費用は、平均して約200万ぐらいかかります。
もちろん、手術をする関節や使用する人工関節によって、金額は変わります。

 

200万なんてそんなに簡単に出せる金額ではありませんよね。
しかし、保険が適用されるので、この金額の1〜3割分を負担することになります。
この場合は、約20〜60万ということですね。
さらには、差額ベッド代や食費もかかることを頭にいれておきましょう。

 

高齢者にとっては、痛い出費です。
しかし、人工関節置換手術には「高額療養費制度」というのが利用できます。
これは、一時的に医療費を支払わなくてはいけませんが、申請をすれば、後日過払い分が戻ってくるという制度です。
ちょっと難しいですが、病院に相談すれば医療費の説明をしてくれますし、「高額療養費制度」の申請の仕方も教えてくれます。

 

そうはいっても、不安はやっぱり拭いきれないでしょう。
市や病院などが主催する勉強会や説明会などにも脚を運び、同じ関節痛の悩みや手術を受けた方の話を聞くのもいいですね。

 

人生はまだまだ長いです。
人工関節置換手術を受けなくてはいけないほどの関節痛は、一生付き合わなくてはいけないものです。
それならば、長年 関節痛に悩まされ、時には泣きたいほどの痛みに耐えてきたのですから、そのご褒美に自分へ投資してみるのもいいかもしれません。