兵庫県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「兵庫県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

兵庫県のカイロプラクティック・整体院

「兵庫県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


坐骨神経痛の手術を選択する場合

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

坐骨神経痛の原因として腰部脊柱管狭窄症が挙げられますが、これ自体は悪化しても命までもがおびやかされることはまずありません。
そのため、ほとんどの場合はいきなり手術を行なうことはせずに保存療法で治療を進めることになります。

 

ではどのような場合に手術を行なうのでしょうか?
それは保存療法では症状がなかなか改善されず、仕事や普段の作業が行なえないなど日常生活に支障をきたすようになった場合です。
また、高齢者の場合では、筋力の衰えから歩くことが困難になり、排尿や排便の障害をきたすようになった場合も当てはまります。
坐骨神経痛の症状の緩和だけであれば神経ブロック療法などで効果が得られることが多いのですが、排尿障害などが出てくると、保存療法だけでは日常生活の快適さが損なわれてしまいます。

 

手術が必要なケースは、腰部脊柱管狭窄症が進行して次のような状態である場合です。

足の痛みが強くなり間欠跛行が強まり、日常の動作ができなくなった場合
筋力の低下によって歩行ができなくなった場合
保存療法だけでは排尿や排便のコントロールができない場合

 

高齢の人では筋力の低下などから、若い人に比べて手術が必要な場合が増えているようです。
術後の回復が早くできるよう、リハビリにも早くから取り組めるよう、手術に使われる器具なども日々研究が重ねられ進歩してきています。
しかし、やはり手術を受けようと望むのであれば、メリットだけでなく、手術によるデメリットなども理解した上で受ける必要があります。


体操とストレッチ(狭窄型)

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

腰が痛むときなど、自然と腰を伸ばしたりトントン叩いたりすると痛みがやわらぐことがありませんか。
私たちは痛みを感じると自然に痛みがやわらぐような動きをして対処しています。
腰痛に限らず、坐骨神経痛に関しても、家庭で適切な体操やストレッチを行なうことで、症状が改善されてきます。

 

そこで、ここでは坐骨神経痛の中でも多い、腰部脊柱管狭窄症を原因とする場合に有効なストレッチを紹介します。
基本的に狭窄型の坐骨神経痛では後屈の姿勢は避けましょう。
また、長時間の歩行や立ち続けることも症状を悪化させるので控えてください。

 

椅子に座って行なう運動

椅子に浅く腰掛けて、上体をゆっくりと静かに後ろに20度くらいまでそらし、背もたれに背中が触れないようにして10秒間静止します。
そしてまたもとの位置に戻す、という運動を10回1セットで1日に3セット行ないます。
また椅子に浅く腰掛けた状態で片方の膝を抱えて胸に引き寄せます。
左右の足で交互に5回行ないます。

ひれ伏し体操

床に正座をしてから、両腕を床の上に伸ばしていきます。
これを10回行ないます。

スクワット運動

部屋の角に立ち、足を肩幅くらいに開いて90度の角度を保ったまま両足を壁にくっつけます。
背筋を伸ばしたままお尻を10cmほど下に落とし、10秒キープします。
この運動を、毎日10回ほど行ないます。

 

これらの運動を気持ちがいいと感じる範囲内で続けてみてください。
痛みやしびれが強くなったときは、すぐに中断してお医者さんの診察を受けましょう。


間欠跛行

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

坐骨神経痛はよく知られているわりには、その原因や痛みの起こるメカニズムがあまりきちんと理解されていない病気です。
お尻や足が痛んだりしびれたりすると、これは坐骨神経痛かな、と多くの人は自分で判断することでしょう。
坐骨神経痛の原因として考えられるのは、腰部脊柱管狭窄症か腰椎椎間板ヘルニアであることが多いです。
また坐骨神経痛の特徴として、軽症であればお尻や太もも、足の痛みやしびれを感じる程度ですが、重症になってくると、間欠跛行と言って歩いている途中に足の痛みやしびれが強くなって歩けなくなるという症状が出てきます。

 

間欠跛行とは聞きなれない言葉だと思いますが、どんな状態を言うのでしょうか。
数分、あるいは数百メートルを歩くと足のしびれや痛みが増してきて、歩けなくなってしまう症状を間欠跛行と呼ぶのですが、しばらく休むことで痛みが治まり、再び歩くことができるようになります。
狭窄症が原因の坐骨神経痛の場合、しゃがみこんだり椅子に座ったりすると上体が前かがみになり、脊柱管の狭窄が緩んで神経への圧迫が弱まるため、血流が回復して痛みやしびれがやわらぐのです。
痛みが治まり再び歩き始めると、しばらくしてまた痛みやしびれが襲ってきて歩けなくなります。
間欠跛行ではこの症状を繰り返します。
悪化してくると、歩ける時間、距離が短くなってきます。

 

乳母車を押したり歩行器を利用すると前傾姿勢になるので、坐骨神経痛の症状があらわれにくくなります。
また自転車に乗る姿勢も前かがみになるため、普通に歩く場合に比べて症状が出にくいです。