北海道のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「北海道のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

北海道のカイロプラクティック・整体院

「北海道のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


坐骨神経痛に使われる薬

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

坐骨神経痛は通常、保存療法で治療を進めながら経過を観察していきます。
保存療法には薬物療法や装具療法、温熱療法、運動療法などがあり、医師と理学療法士の指導のもと症状にあった治療法を組み合わせて行ないましょう。

 

坐骨神経痛の治療に用いられる薬には以下のようなものがあります。

末梢血管拡張薬

もっとも多く使われているのがプロスタグランディンという薬で、この薬には血管の平滑筋を緩めさせて血管を拡げる作用があり、血管が広がることによって神経の血流がよくなり、痛みが軽減されます。

消炎鎮痛薬

痛み止めの薬で、多くの種類があり効き方に個人差があります。
医師が患者の症状を判断して適する薬を処方し、一般的には非ステロイド系の鎮痛薬が処方されます。
非ステロイド系とはいえ長期間にわたって服用し続けた場合には胃を荒らして胃潰瘍を起こし、吐き気や下痢などの胃腸症状や過敏症、発疹、肝障害などの副作用が起こることもあるので気を付けましょう。
高齢者などでは副作用を避けるために坐薬も利用されます。

筋緊張弛緩薬

筋肉の緊張をやわらげる薬で、筋肉が痛むと反射的にその筋肉は収縮して凝った状態になり、凝りが長く続くと痛みも強くなるという悪循環を起こさないように利用されます。
消炎鎮痛剤と一緒に使うと効果が上がります。

ビタミンB12

ビタミンB12には血液中の赤血球を増やし、傷ついた神経組織を障害から回復させる働きがあるとされています。

 

上記の他にも漢方薬を服用するケースもあります。
漢方薬は坐骨神経痛の原因である腰部脊柱管狭窄症の治療には牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)などが有効とされています。
しかし漢方薬の場合には患者の主観による効果報告が多く、客観的なデータがとれていないのが現状です。


家事で正しい姿勢を保つには

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

通常の生活において様々な姿勢をとっています。
仕事で長時間同じ姿勢を強いられている人主婦も家事をこなすことから中腰の姿勢が多いので、腰への負担が大きいと言えます。

 

主婦の家事としては、炊事や洗濯、掃除、アイロンがけなど中腰の姿勢が多く、そのため腰痛や坐骨神経痛を訴える人が多くなっています。
坐骨神経痛を予防するためには、背中を丸めないようにして両足に均等に体重がかかるような姿勢を意識することが重要でしょう。

 

キッチンで調理するときや流しで洗い物をするときには、足元に20cmほどの高さの足台を置いて片足を交互に乗せてみてください。
前かがみにならないような姿勢が保てるでしょう。
調理台や流しの高さは作業面が肘より少し低い位置にあることがベストと言われ、適度な腰椎の前彎が維持できる姿勢がもっとも疲れにくいそうです。
床掃除や布団敷き、草むしりなどは中腰で行ないがちですが、できるだけ膝をついて行なうようにしましょう。
洗濯機から洗濯物を取り出すときは足元に置いた台に片足を乗せ、腰を伸ばしたまま行なうようにしてみてください。

 

幼い子供のいる家庭では、特に姿勢が乱れがちです。
育児に家事にと慌しい毎日だと思いますが、後々に腰を痛めるようなことがないように面倒でも姿勢は気にすることが重要です。
また家事の動きだけではなかなか全身の筋肉をほぐす機会が得られないので、1日に1回は全身体操やウォーキングを取り入れるのもよいでしょう。


バージャー病

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

バージャー病という病名を聞いたことがありますか?聞き慣れない名前かもしれませんが、この病気も閉塞性動脈硬化症と同じように脊椎に問題があるわけではないにもかかわらず、坐骨神経痛と似た症状を起こす病気のひとつです。

 

バージャー病は足の動脈が血栓でつまり、血液の流れが悪くなる病気で国の難病の特定疾患に指定されています。
全国に約1万人いると言われる患者数のうち90%が男性だそうです。
たばこを吸う20〜40代の男性に多く発症している血管疾患であり、喫煙が原因ではないかと言われていますが確かなことはまだ研究中だそうです。
症状は足先がしびれたり冷たくなったりして、やがて歩行中に足が痛んで歩けなくなる間欠跛行があらわれます。
間欠跛行が起こるあたりは坐骨神経痛と似ているのですが、バージャー病の場合は放っておくと血液の流れが届かなくなり足は壊死して切断手術を必要とします。
また、手足の静脈が炎症を起こして、静脈の血管が赤く腫れて痛みを伴うこともあります。
症状が閉塞性動脈硬化症と似ているため、慎重に診断しなければなりません。

 

治療方法としては、まずたばこをやめて口腔内を清潔に保ちます。
そして血栓を溶かすために血流改善薬などを投与します。
重症の場合は、つまった血管に人工血管を移植するバイパス手術を行なうケースもあります。
また血管を拡げるために交感神経をブロックすることもあります。
日常生活では手足の皮膚を清潔に保ち、皮膚を傷つけないように注意が必要です。