広島県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「広島県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

広島県のカイロプラクティック・整体院

「広島県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


坐骨神経痛とは

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

お尻から太もも、足へと痛みやしびれの感覚が慢性的に続いた場合、坐骨神経痛を疑うことが通常である程、坐骨神経痛はその名前がよく知られています。
しかし、その原因や実態が理解されているかと言えば、そうでないのも坐骨神経痛なのです。

 

人間は中高年になると骨や筋肉、関節などからだを支えているあちこちの部分が衰え始め、腰の慢性的な痛みなどを訴える人が増えてきます。
ぎっくり腰のように、突然の激痛に襲われる人もいます。
日本人では、一生のうちにおよそ8割の人は腰痛に悩まされるという調査結果も出ているようです。
また若い人でも無理な動きや姿勢をとるなどして腰痛になることもあります。

 

そして痛みの部分が腰に止まらず、お尻や太もも、足にまで痛みやしびれがくると、その症状を坐骨神経痛と呼んでいます。
坐骨神経はお尻から太ももの後ろ、膝下の外側、すね、ふくらはぎ、足の先に向かって存在しており、その部分が痛むことで一般的に坐骨神経痛と呼ばれているのです。
しかし坐骨神経痛は病名ではなく症状の呼び方なのです。

 

つまり、坐骨神経痛そのものが病気なのではなく、それを起こしている病気が存在しているのです。
多くの場合、坐骨神経痛を招いている病気は腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)で、坐骨神経痛を治すためにはこれらの病気を治療することになります。

 

しかし、お尻や足に痛みを感じる病気は他にもあり、本人が「これはよくある坐骨神経痛の痛みだ」と思っていても、実は足の血管が詰まっていたり子宮がんや前立腺がんが原因のこともあるのです。
そのため痛みを感じたら整形外科を受診し、原因をきちんと調べることが大切です。


坐骨神経痛のタイプ

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

坐骨神経痛は、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの病気の症状のひとつとしてあらわれることが多く、そのため狭窄型坐骨神経痛ヘルニア型坐骨神経痛合併方坐骨神経痛と3つのタイプに分類することができます。
また坐骨神経痛の治療には、薬やコルセット、神経ブロック療法、理学療法などに併せて、日常生活で行なえる体操やストレッチも行なっていくため、自分がどのタイプの坐骨神経痛なのかを知って適切な自己管理をすることで、痛みを改善していくことができるのです。
お尻や足に痛みやしびれが続き、坐骨神経痛であると自己判断できたら、次にどのタイプの坐骨神経痛なのかチェックしてみましょう。

 

まず、平らな床の上に立ち、上半身を前後に倒してみて、どこで痛みやしびれが起こるかで判断します。
上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる人は、狭窄型坐骨神経痛です。
逆に上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる人は、ヘルニア型坐骨神経痛になります。
上半身を前に倒しても後ろにそらしても痛みが増すという人は、狭窄症とヘルニアを併発した合併型坐骨神経痛と考えられます。
合併型のように、痛みがひどくて前にも後ろにも倒せない場合は脊椎の疾患が悪化している可能性もあるため、早めに整形外科を受診されたほうがよいと思います。

 

このように坐骨神経痛のタイプを判断する際は、布団やベッドのようにやわらかい場所で行なうとからだがバランスを取ろうとして脊椎に余計な力がかかり、正確な判断が出来ないことがあります。


坐骨神経痛の治療法〜温熱療法

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

腰痛や坐骨神経痛に悩む人は多く、その痛みは日常生活と密接な関わりがあるため普段の過ごし方により気を配らなければいけません。
無理な姿勢や動きを続けて症状を悪化させたり、痛みを慢性化させたりする前に、早めに治療に取り掛かりたいところです。

 

坐骨神経痛や腰痛の治療には、まず保存療法がとられることが多いです。
症状が重度であれば手術を行なうこともありますが、まずは手術以外の保存療法で治療を進めます。

 

ここでは保存療法のひとつである温熱療法について説明します。
温熱療法とは、患部を温めることで血管を拡げて血液の流れを促進させ、痛みやしびれなどの症状をやわらげる治療法です。
病院での温熱療法として以下のような方法があります。

ホットパック

治療用パック(特殊な泥を木綿の厚い袋に入れたもの)を80℃のお湯で温め、それをバスタオルなどに包んで患部に当てます。
15分〜20分ほど温めた後、痛む部分を動かし軽い体操などを行ないます。

赤外線療法

赤外線によって乾いた温かい風を患部に当てて、血液の流れを促進させる方法です。
赤外線をあてることで、血行をよくして痛みをやわらげる効果だけでなく、筋肉の緊張をほぐす作用もあります。
ただし、動脈硬化や心臓病、甲状腺機能亢進症などの患者さんには行なわない方法です。

マイクロウェーブ療法

超短波を患部に当てる治療法です。
比較的深い部分にある関節や、その周辺の痛みを改善する目的で行なわれます。
ただしペースメーカー等、体内に金属が埋め込まれている場合は受けられません。