福岡県のカイロプラクティック・整体院

松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム

補助器具や体操でも治らなかった腰痛が、わずか1日10分でイキイキした毎日を手に入れて、今後の人生が楽しみになった松井薫式腰痛改善ストレッチプログラムを公開!

「福岡県のカイロプラクティック・整体院」へようこそ

福岡県のカイロプラクティック・整体院

「福岡県のカイロプラクティック・整体院」は手足のしびれや腰痛を治すためにカイロプラクティックや整体院、はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧等を探す際に役立てていただきたいサイトです。
手足のしびれや腰痛の他頭痛や肩こり、五十肩、四十肩、ぎっくり腰、不眠症でお悩みではありませんか?
その他にも女性の方では便秘や冷え性、生理痛、生理不順などの症状が多く聞かれます。

 

背骨や骨盤が歪むと身体のあちらこちらに不調をきたします。
そんな時には、整体やカイロプラクティックに行ってみることをお薦めします。
歪んだ背骨や骨盤を定期的に矯正していくことにより、身体の機能を目覚めさせて内から健康にしていく効果が期待できます。


腰痛革命プログラム

【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜 【腰痛革命プログラム〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜】

パソコン作業など同じ姿勢による「筋肉疲労」を取り除き
日常の体の使い方が悪い為に起こる「骨盤の歪み」を解消し
腰の不調が原因で誘発する様々な「慢性痛」を和らげ
湿布や痛み止め、投薬、ブロック注射、整体、マッサージに頼らない全国から多くの患者が殺到する、うえだ整骨院院長上田康浩による

「腰痛革命プログラム」を日本初公開


関節痛について

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

健康維持のために、山登りやジョギングなどを趣味としている方も多いことでしょう。
しかし、無理をしたり間違ったやり方をして、腰や膝などの関節が痛くなった経験はありませんか?
このような症状を関節痛といいます。
最も多い関節痛は、腰・膝・肩の部位だといわれています。

 

では、関節痛とはどのような事をいうのでしょう?
私達人間には、膝はもちろん肘や肩などたくさんの関節があります。
関節と呼ばれる箇所は、曲げたり伸ばしたり動かすことが出来る部分のことで、骨と骨のつなぎ目部分と考えるとよいでしょう。
通常、関節は 骨と骨がこすりあって磨り減ってしまわないように、軟骨と関節液というもので守られています。

 

これは、簡単に言うと、自転車のブレーキパッドと潤滑油のようなものです。
自転車のブレーキパッドと潤滑油は、使い続けると消耗してしまいますよね。
人間も同じように長年、使い続けた関節は軟骨と関節液が減ってしまい、骨と骨が直接こすれあって痛みを生じるようになるのです。

 

関節痛の痛みにはさまざまな痛みの種類があります。
動かすと痛い人、寒くなると痛い人・・・
また ふくよかな方は、体重を支える足に負担がかかるのですから、膝や股関節などの関節痛をひきおこします。
さらには、スポーツなど決まった関節に負担をかけるような生活を続ける事が関節痛の原因になることもあります。

 

関節に痛みを感じるようになったら、無理を避けて病院に行きましょう。
整形外科ではレントゲン写真をとり、関節の変形などを調べてもらえますので、まずは整形外科を受診されることをおすすめします。


膝に水がたまる理由

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

膝関節痛に悩まされている方であれば、膝に水が溜まってそれを抜いたことがあるかもしれません。
人間の身体の60%は水で出来ているので水が溜まることは不思議ではなく、この水ことを関節液といいます。

 

関節液は、膝関節の潤滑油として重要な役割を果たしています。
これがないと、私達の膝は常にキシキシとした状態になってしまいます。
では、なぜ重要な関節液を抜かなくてはいけないのでしょうか?

 

もともと関節液は、正常な膝の方でわずか1cc程度しかありません。
しかし膝関節痛が悪化して変形をきたしてくると、炎症を起こし関節液がどんどん溜まってくるのです。
さらに、溜まった関節液は吸収されることはありません

 

溜まった関節液を放置しておくと、圧迫感や不快感を感じるようになります。
さらには、炎症して熱を帯びていますから、腫れて痛くなってくるのです。
歩くときに痛かったり、正座ができなくなるのが分かりますね。

 

たいていの方が水を抜いても、また溜まって抜く・・・という経験をされます。
しかしこれは、癖になってしまっているのではなく、関節の炎症が治っていないからなのです。
炎症さえなおれば、水が溜まることもなくなります。

 

医師が水をぬくことをすすめるのは、どれくらい炎症がひどくて、どのような病気が考えられるかを判断するためです。
自分の膝関節痛の状態を知り、炎症を早く鎮めるためにも、「水を抜く」という重要性がわかるのではないでしょうか。


坐骨神経痛の自己判断

しびれはカイロプラクティック・整体院で治す

腰が痛い、お尻や足の痛み、しびれなどが出た場合には坐骨神経痛を疑うことをオススメします。
軽症の坐骨神経痛は自己判断することができます。
坐骨神経痛は多くの人に広く知られている病気なので、自分の足や腰に以下のような症状がひとつでもある場合には坐骨神経痛が疑われますので、チェックしてみましょう。

 

腰痛がある
お尻、腰に痛みを感じる
太もも、足に痛みやしびれを感じる
からだを動かすと、お尻や腰、太もも、足の痛みやしびれの感覚が激しくなる
お尻から下の部分にかけて締め付けられたような感覚や引きつった感じ、冷たい感じやほてった感じなど、感覚異常がある
足の裏の皮膚が厚くなったような感覚や、足の裏がジリジリと感じる
足腰の力が入らず、階段でつまずくことがある
歩いていると足の痛みやしびれがひどくなって歩けなくなり、その場にしゃがみこむと痛みがらくになり、しばらく休むと再び歩けるようになる
左右の足の筋力に差があるような感じがする
会陰部周辺の感覚が鈍くなり、歩いていると尿がもれることがある

 

上記のようなチェックを行うことである程度は自己判断できますが、安静にしていても激しい痛みが治まらない、症状が両足にあらわれている、などの場合は坐骨神経以外の病気の可能性もあるので整形外科を受診しましょう。
また、腰やお尻、足の痛み以外にも動悸、息切れ、更年期障害、排尿障害などの症状がある人は、それぞれの専門医の診察を受けることが必要です。